背中・腕・足など全身にあせもができる時の対策と治し方

 

夏の到来と同時に、身体中に発生しやすくなるのが『あせも』です。

 

あせもができやすい人は、毎年夏の時期は身体痒くて、赤いブツブツに

 

悩まれているのではないでしょうか。

 

背中・腕・足といった全身にできるあせもですが、

 

ひどく痒いですし、掻きむしった後はあせも跡で黒ずみにもなるので、

 

どうにかあせもがならないように改善していきたいところです。

 

夏だけでなく、年中悩まされるあせもを改善するには、

 

どういう対策や治し方をしていけばいいのでしょうか?

 

あせもができる仕組み

 

あせもには、紅色汗疹(こうしょくかんしん)、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)、

 

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)の3種類があります。

 

一般的に私達がひどい痒みや赤いブツブツに悩まされるのが、『紅色汗疹』です。

 

その他のあせものタイプは、気づきづらかったり、日本ではあまり見かけないもので、

 

あせもと言えば、紅色汗疹ですね。

 

あせもは、汗が汗管に詰まってしまうことで、他の組織に溜まった汗が溢れでて、

 

炎症を引き起こして痒みなどを引き起こすんです。

 

そのため、暑くて汗を大量にかきやすい夏は特に汗が詰まって、あせもに

 

なりやすいですし、夏以外でも運動などで汗をかく環境にいればなりやすいです。

 

あせもができやすい部位

 

あせもは汗をかきやすく、乾きにくい部位にできやすいです。

 

頭・おでこ・首・肘の内側・足の付け根・膝の裏側などが、

 

あせもができやすくポリポリと引っ掻いてしまうところですね。

 

これら以外にも、お腹・おしり・脇の下・胸など身体の全身の

 

いたるところにあせもはできてしまいます。

 

通気性の悪い衣服で、汗が詰まらせやすくなっている状態だと

 

あせもにもなりやすいですね。

あせもで痒くならないための予防策

 

 

あせもが一度できてしまうと、すごく痒くて掻いてしまい

 

ますし、とびひにでもなったら大変なのでしっかりと予防を

 

していきましょう。

 

汗を小まめにふいて清潔にする

 

汗が皮膚の下で詰まってしまうから、あせもになるわけなので、

 

あせが詰まらないように小まめに汗はふきましょう。

 

ウェットティッシュを持ち歩いて、あせもになりやすい

 

と自覚している部位は特に小まめにふいてあげるとあせもの予防になります。

 

腕や首、顔は外出先でも汗を拭き取れると思うので、

 

しっかりと清潔に保ちましょう。

 

帰宅したらすぐにシャワーを浴びる

 

背中・足・おしりなどはさすがに人前では、汗を拭き取る

 

ことはできないので、帰宅したらシャワーをすぐに浴びて

 

汗を洗い流して清潔にしましょう。

 

夏は特に全身汗まみれになりやすいので、シャワーで全身を

 

スッキリとさせると良いですね。

 

全身のあせもの治し方

 

あせもができてしまった場合はどうやったら

 

治してけばいいのか、治し方をいくつか

 

ピックアップしてみました。

 

ステロイド外用剤を使う

 

湿疹やあせも(汗疹)を治す治し方といえば、

 

ステロイドですね。

 

あせもができる度にステロイド外用剤を使用している

 

方も多いかと思います。

 

赤いブツブツのあせもには抗炎症作用の効果があるステロイド

 

外用剤を使っていくと痒みも収まってきます。

 

ステロイドにも種類や強さなどが違ってくるので、

 

あせもが酷い時は皮膚科で相談して処方してもらいましょう。

 

重炭酸入浴剤を使う

 

あせもは入浴剤を使うと、良くなると昔から言われていて、

 

最近注目されているのは重炭酸入浴剤です。

 

重炭酸入浴剤はお風呂のお湯に含まれる、残留塩素を中和させて

 

肌へのダメージを減らしたり、血行を促進させて汗が詰まりづらくなって

 

あせもが良くなると言われています。

 

赤ちゃんでも、大人でも使えるのは『ベビタブ』という入浴剤で、

 

あせも対策でも人気ですね。

 

一度試してみるといいかもしれません。

 

入浴剤だと、背中・腕・足・おしりといった全身のあせも対策にもなりますからね。

 

お風呂であせもになりにくい、清潔な身体にしていきましょう。

 

コメントを残す