【注意】ビニール肌にはこんなクレンジングはおすすめできない!

 

過剰なピーリングや洗顔でなってしまったビニール肌。

 

本来の皮膚よりも薄くなっている状態なので、肌に負担の
かかりやすいクレンジングには細心の注意を払っていく必要があります。

 

本当はビニール肌を治すには、できるだけ肌に触れないように
クレンジングを使わずに固形石鹸だけでメイクを落とした方が
良いと言われています。

 

ですが、人によってはメイクをしないわけにはいかないという
こともありますよね。

 

そこで、ビニール肌の方にはこんなクレンジングを使うのは
おすすめできないとか、使うとしたらどんなものがいいのかを
ご紹介します。

ビニール肌におすすめできないクレンジングとは

 

 

ビニール肌を改善していきたいとか、肌がヒリヒリしたり
しないようにしたいのであれば、クレンジング選びには
気をつけた方が良いです。

 

当然のことですが、おすすめできないのは洗浄力・刺激の強い
ものです。

 

オイルタイプ、リキッドタイプのクレンジングは避けた
方が良いですね。

 

この2つはメイクオフ力は高いですが、なにぶん刺激
が強めなので、ビニール肌には良くないです。

 

使うとしてもクリームタイプかミルクタイプのものを
使った方が良いですね。

 

ですが、ビニール肌を改善していきたいのであれば、
理想としてはミルククレンジングを使って欲しいと
言いたいところです。

 

ビニール肌にはミルククレンジングがおすすめ

 

 

ビニール肌の方がメイクを落とのにはミルククレンジングがおすすめです。

 

ミルククレンジングだと、刺激が最も弱いので薄肌には良いのですが、
欠点としてメイクオフ力の低さがあるんですよね。

 

ファンデーションの種類によっては落ち切らないですし、ウォーター
プルーフのポイントメイクは到底落とすことはできません。

 

そのため、ミルククレンジングを使う時は化粧の仕方を
変えた方がいいです。

 

ミネラルファンデーションなら固形石鹼でも落ちるくらい
なので、ミルククレンジングでも落とすことができると思います。

 

ビニール肌の方はこれくらいクレンジングや化粧に気を付けて
いかなければ治すことが難しいものです。

 

理想として極力ナチュラルメイクで、ミルククレンジングや洗顔料だけで
落とせる状態がいいのですが、どうしてもポイントメイクを使いたい時も
あるかと思います。

 

そういう時は、ジェルタイプのものをポイントメイクの部分にだけ
使うなど、使い分けをしっかりとしてあげると良いですね。

 

ビニール肌って本当に厄介で扱いづらい状態なので、できるだけ
負担のかからないように扱ってあげてくださいね。

 

コメントを残す