自宅でできる茶クマの消し方!どんな化粧品を使うといいの?

 

「体調悪いの?」と誰かから言われてしまいそうな、
酷い茶クマがあると、鏡を見るのも嫌になってしまいますよね。

 

治そうと思っても、クリニックで治療を受けるとお金も
沢山かかってしまいますし、「うーん、、、」って感じ
になると思います。

 

クリニックだと数万円単位でかかってしまうことはザラ
にありますからね。

 

そこで、自宅でできる茶クマの消し方をご紹介したいと思います。

 

茶クマを治すには目を擦るのをやめる

 

 

まず、茶クマを治したいのであれば、目を擦るのを
やめる必要がありますね。

 

ポイントメイクを落とす時にゴシゴシやってしまったり、
洗顔で目の下に摩擦をかけてしまっていると茶クマを
作ってしまいます。

 

茶クマの正体のほとんどはシミと同じで、摩擦や刺激による
色素沈着によってできるものが多いです。

 

色素沈着による変色を解消するには、それを引き起こしている
目を擦ったり刺激を加えてしまう行いをストップさせることは
必須ですね。

 

それをやめないと、今よりも悪化する可能性があるので
気を付けてくださいね。

 

余談ですが、ニキビによる炎症や刺激の強い化粧品を使って、
目の下に刺激が加わるのも色素沈着を起こす要因になります。

 

何が言いたいかというと、兎にも角にも目の下に
は極力摩擦などは与えてはNGということですね。

 

これは今すぐにでもできることなので、是非意識
してみてください。

 

茶クマを解消する化粧品って?

 

目の下に摩擦や刺激を与えないことは、茶クマの
予防にはなりますが、解消することはできません。

 

茶クマの消し方としては、美白ケアと同じ化粧品
を使うと良いと言われています。

 

メラニンが色素沈着してシミができるのと同じ仕組み
なので、シミと同じように対策をしていけば良いという
ことですね。

 

しかし、美白化粧品を使ってケアをしていっても、茶クマが
なくなるというわけではありません。

 

美白化粧品にも色々種類があって、単に色素沈着による茶クマ
をできづらくするだけのものや、薄くする効果が期待できるもの
と別れています。

 

ドラッグストアなどで多く見かけるのが、「予防」する効果
しかないものです。

 

なので、そういったもので美白ケアをしても悪化することは
ありませんが、消えることはありません。

 

保湿ケアなどもプラスして行って、ターンオーバーを促進させて
自然にメラニンを外に追い出すといったことも必要になってきますね。

 

美白化粧品だけの力で茶クマを消したいのであれば、
ハイドロキノンを使ったものが良いとされています。

 

ハイドロキノン配合の化粧品が茶クマを消す?

 

 

ハイドロキノンという強力な美白成分を使うことで、色素沈着
による茶クマを薄くする期待はできると思います。

 

しかし、目の下は普通肌の人でもデリケートな部分なので、
刺激の強いハイドロキノンでかぶれたりすることも考えられます。

 

ビーグレンの美白化粧品は敏感肌でも使えると評判なので、
まずはそれを使ってみるのがいいかもしれません。

 

もし何らかの異常が見られたら、すぐに使用をやめてください。

 

美白化粧品を使わなくても、保湿をしっかりとして、ターンオーバー
の力でメラニンを徐々に排出していくことも可能です。

 

自分に合った茶クマの消し方を実践していってみてくださいね。

 

 

コメントを残す