お肌のターンオーバーを正常化・促進させる基礎化粧品の選び方

 

肌トラブルのないお肌にするには、ターンオーバーを正常化させる
必要があるとよく言われ、美肌でいるためにはターンオーバーを整えて
いくことが大事です。

 

しかし、正常化させようと、無理に促進させすぎるのも
肌荒れや肌トラブルの原因ともなるんです。

 

では、どういった方法でターンオーバーを促していったらいいのか、
使う基礎化粧品の選び方も一緒に見ていきましょう。

 

ターンオーバーとは

 

 

人の皮膚の一番外側を「角質層」というのですが、
この角質層の角質が古くなると、角片(フケ)として
剥がれ落ちます。

 

そして、また表皮の一番下である基底層から新たな細胞が
角質層へと押し上げられて、新しい角質に生まれ変わります。

 

この過程をターンオーバーと呼び、正常な状態であれば20代
で約28日間と言われています。

 

30~40代になると、約40日、50~60代にもなると更にターンオーバー
の期間は遅れてくると言われています。

 

ターンオーバーが乱れるとどうなる?

 

 

よく、「ターンオーバーが乱れるとお肌に悪いよ!だから、ちゃんと正常化にしようね!」
みたいなことが言われますよね。

 

ターンオーバーが乱れると何でダメなのかというと、古い角質が
残ったままになり、様々な悪いことがお肌に起こるからなんです。

 

古い角質が角片(フケ)として外に排出されないと、皮膚は肥厚し
暗くてくすんだ状態に肌はなります。

 

また、お肌に滑らかさが出なくなったり、ニキビやシミなどあらゆる
肌トラブルの原因ともなるんです。

 

美肌と言われるような、美しい肌を維持するにはターンオーバーが重要
なので、常に正常化しておいた方が良いと言われる訳ですね。

 

ターンオーバーを促進させるには

 

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因としては、睡眠不足やストレスなど、
生活習慣の乱れがホルモンバランスを崩してしまうことが大きな原因としてあります。

 

また、肌の乾燥もターンオーバーの乱れに大きく関わってきます。

 

こういった何らかの原因でターンオーバーのサイクルがおかしく
なって遅くなってしまうと、肌は中々綺麗にはなりません。

 

そこで、乱れたターンオーバーを早めて、促進させる
方法を取ることは美肌を作っていくには効果的だとされています。

 

ターンオーバーを促進させるには、ビタミンプラセンタ
美容液を使うと良いと言われています。

 

プラセンタなんかは有名で、肌の代謝を高めて肌の生まれ変わりを
促進させると言われています。

ターンオーバーは促進させるよりも正常化させた方が良い?

 

何らかの原因で通常よりも遅れてしまっているターンオーバーを
プラセンタなどの美容液の力を使って、促進させるのは1つの良い
方法ではあります。

 

しかし、半強制的に美容成分を使って促進させるため、理想的
な方法であるとは言えません。

 

あまりターンオーバーを促し過ぎると、角質を剥がし過ぎて
逆に肌が荒れてしまうことも少なくありません。

 

理想的なのは乱れたターンオーバーを正常化させることですね。

 

肌本来の持つ生まれ変わりのサイクルを通常どおりに戻してあげる
ことで、無理矢理美容成分で促進させなくても大丈夫になります。

 

ターンオーバーを正常化するための化粧品の選び方

 

 

ターンオーバーを正常化させるには、「保湿」がキーとなってきます。

 

保湿力の高い美容液などで肌に潤いを与えて、乾燥を予防することで
乱れてしまったターンオーバーを元に戻します。

 

正常化させるのに良いとよく言われるのが、「セラミド」という成分です。

 

セラミドは体内にも存在する成分で、水分保持機能を司る、美容には
欠かせないものです。

 

このセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった高保湿成分が
配合された美容液を使って、日々スキンケアをしていくことで
乱れてしまっているターンオーバーを元に戻すサポートにはなると
思います。

 

 

コメントを残す