皮膚が薄い人におすすめの洗顔料はどれ?もうヒリヒリしたくない!

 

皮膚が薄い人は皮膚が丈夫な人とは違い、洗顔をするだけでも
一苦労です。

 

顔を洗った後には肌がつっぱったりして、保湿のための
化粧水ですらヒリヒリと染みてしまうこともありますよね。

 

けど、皮膚が薄くて超敏感肌だからと言って、洗顔をしなけれ
ばニキビや毛穴汚れといった肌トラブルが起こってしまうので、
毎日顔はきちんと洗わないといけません。

 

そんな皮膚が薄い人にはどういった洗顔料を使ったら、顔が
ヒリヒリしたりしなくなるのでしょうか。

 

正しい洗顔方法も一緒に、おすすめの洗顔料をご紹介したいと
思います。

 

皮膚が薄い人に合わない洗顔料を使ってるかも?

 

 

最初にちょっと質問ですが、普段いつもお家で使ってる洗顔料って
どんなタイプのものを使っていますか?

 

もしかしたら、洗顔フォームや泡で出てくるタイプのものを使用
している方が多いんじゃないでしょうか。

 

CMでやっているものや、ドラッグストアなど市販で販売されている
ものはこの2つのタイプのものがほとんどなので、何も疑いなく使って
いる方が沢山いると思います。

 

けど、実は皮膚が薄い人にはあんまり洗顔フォームや泡で出てくるタイプ
の洗顔料は合わなくて、ヒリヒリしたり赤くなってしまう原因になってしまう
こともあるんです。

 

なんで敏感肌には良くないのか、それぞれ見ていきましょう。

 

洗顔フォーム

 

 

最もポピュラーで大体の人が洗顔フォームを使っていることが
多いと思います。

 

しかし、洗顔フォームは肌への負担が大きく、皮膚が薄い人には
向かない洗顔料と言えます。

 

泡立ちをよくするために「合成界面活性剤」という成分が含まれていて、
洗浄力が洗顔フォームは洗顔料の中でも一番強くなっています。

 

ですが、全ての洗顔フォームが悪いわけでなく、敏感肌用に
作られているものもあります。

 

それでも、どんな界面活性剤が入っているのかなど、見分けが
つくことは知識がないと難しいため、皮膚が薄くて敏感肌の
方はあまり下手に買わない方がいいかもしれません。

 

全てではありません、基本的に洗顔フォームは皮膚が薄い人
とは相性が悪いということですね。

 

泡で出てくる洗顔料

 

 

プッシュすると自分で泡立てなくても、そのまま泡出てくる
タイプの洗顔料も人気がありますよね。

 

肌に優しい弱酸性と謳っているものを多く見かけると思います。

 

肌のphが弱酸性なので、同じ弱酸性の洗顔料だと肌に負荷が
かからなくて肌に優しいということですね。

 

確かに、泡で出てくる洗顔料は肌に優しく、乾燥肌や敏感肌
の方にも好まれて使われますが、洗浄力が弱いというデメリット
があります。

 

そのため、顔の汚れや皮脂が十分に落とせないこともありますし、
何回もゴシゴシと洗顔をしてしまう可能性があります。

 

皮膚が薄い人でも全然問題なく使えると思いますが、
洗顔料としてはあまりおすすめはできません。

 

プチプラで安いものが泡で出てくるタイプには
多いので、低価格重視の方には良いかもしれませんね。

皮膚が薄い敏感肌には洗顔石鹸がおすすめ!

 

 

 

 

皮膚科に行って、皮膚が薄いのを相談したら恐らく先生にも
洗顔は洗顔石鹸といった固形石鹸でやるようにアドバイスを
受けることが多いと思います。

 

洗顔石鹸は洗顔料の中でも一番、肌への優しさと程よい洗浄力
を兼ね備えたバランスのよいものです。

 

肌への刺激となる余分な化学成分といった添加物は排除
されていて、皮膚が薄い敏感肌に適した洗顔料と言えると
思います。

 

もし、洗顔後にヒリヒリしてつっぱったり、赤く痒みが
出てしまうのなら、洗顔石鹸に変えてみるともしかしたら
改善されるかもしれません。

 

敏感肌で肌が弱い私も洗顔石鹸を愛用していますが、顔の
ヒリヒリやつっぱりに悩まされることはなくなりました。

 

⇒管理人愛用の低刺激の洗顔石鹸とは?

まとめ

 

皮膚が薄い人におすすめの洗顔料は洗顔石鹸という
お話をしました。

 

洗顔石鹸を使ったからといって、洗顔後の違和感が治る
とは限りません。

 

洗顔方法や、使う洗顔石鹸の成分など様々なことにも
気をつけてくださいね。

 

コメントを残す