大人のあせもの原因と対策は?痒みがひどい時の治し方を解説!

 

ひどい痒みに襲われて肌がボロボロになる、あせも(汗疹)ですが、

 

赤ちゃんだけでなく大人でも悩まされる方が多いです。

 

ここ数年、一気に気温が高くなってきて、あせももできやすく

 

なってきましたしね。

 

あせもは痒みだけでなく、掻き壊して血が出て痛くもなりますし、

 

色素沈着で黒ずみにもなってしまいます。

 

大人でもあせもがができてしまうのはなぜなのでしょうか?

 

原因や治し方を解説していきたいと思います。

 

大人でもあせもができるのはなぜ?

 

あせもと言えば、赤ちゃん(乳幼児)にできやすいイメージがありますが、

 

あせもは子供か大人かは関係なくできてしまうものです。

 

汗が皮膚の下の『汗管』に詰まって、溜まった汗が他の組織に流れこんでしまうことで、

 

炎症を引き起こし、湿疹のように赤く痒くなります。

 

あせもにも種類がありますが、通常あせもで悩まされるのは、紅色汗疹(こうしょくかんしん)

 

という赤いブツブツと痒みを伴うタイプのものです。

 

赤ちゃんは汗がかきやすいですし、自分では汗をふけないためにあせもになりやすいんです。

 

大人でも汗をかいた時には、あせもはできます。

 

あせもが発生しやすい部位

 

あせもは身体中にできるものですが、特にできやすい部位は

 

頭・額・足の付け根・肘の裏・膝の裏・首といった汗が出やすく、

 

乾きづらい箇所です。

 

その他にも、背中・おしり・腕・脇といった汗をかきやすい

 

部位も、汗がつまりやすくあせもも発生しやすいです。

 

また、女性の場合、ブラジャーのワイヤーの跡があせもになって、

 

胸の下や谷間・肩などが痒くなってしまうこともあります。

 

あせもができないための予防法

 

 

あせも(汗疹)に悩まされてないためには、あせもができないように

 

予防していくことが大事です。

 

普段の生活の中でちょっと気をつけるだけでも、あせもを

 

予防することはできます。

 

ストレスを溜めない

 

ストレスは汗腺を閉じてしまって、汗が詰まらせやすくなると

 

言われています。

 

私自身、ストレスが溜まっている時ほど、あせもはひどかったです。

 

ストレスはホルモンバランスも乱すため、様々な肌荒れの原因となります。

 

あせもにならないためにも、ストレスを上手く発散してあげましょう。

 

身体を清潔に保つ

 

汗をかいた時は、汗がつまらないように身体を清潔に気をつけます。

 

汗をかいたと感じたら、濡れたタオルや市販のウェットテッシュなどで

 

拭きましょう。

 

仕事場や外出先でも、顔・首・腕辺りなら小まめに汗はふくことができると

 

思います。

 

また、汗を洗い流すためにも、家に帰ったらすぐにお風呂に入って、

 

汗をサッパリと流しましょう。

 

あせもの予防の基本は汗をつまらせないように、清潔に維持することです。

 

エアコンで汗をかかないようにする

 

夏場はエアコンでクーラーをつけて汗をかかないようにすることも予防になります。

 

クーラーは使い過ぎても良くないですが、就寝時はよく汗をかくので

 

あせもが悪化する可能性があります。

 

クーラーを適度に使って、汗をかかないようにしてあせもも予防しましょう。

 

あせもが出来てしまった時の治し方

 

 

あせもができてしまった時はどうやって対策をしていけばいいか、

 

治し方をいくつかご紹介します。

 

ステロイドを使う

 

赤いブツブツのあせも(汗疹)を治すには、ステロイドで

 

痒みと炎症を抑えるのが一般的です。

 

皮膚科であせもを診てもらった時は、ステロイドを処方されることが

 

多いです。

 

ステロイドにも種類・強さがいくつかあります。

 

ステロイドは強めの塗り薬なので、即効性がありひどい痒みのあせもでも

 

すぐに収まり、赤みもひく高い効果が期待できます。

 

ただ、ステロイドは使い過ぎると、肌が荒れたり紫に皮膚が変色して

 

しまうこともあるなど、副作用も多いにある扱いづらい薬です。

 

使い方や頻度にも十分に気をつけて、あせもの対策に使うようにしてくださいね。

 

重炭酸入浴剤を使う

 

重炭酸入浴剤という、入浴剤があせもに効能があると言われています。

 

赤ちゃんでも使えますし、勿論大人でも使えるものなので、

 

あせもを治したい方は試してみるといいかもしれません。

 

やらない方がいいあせもの治し方

 

昔から、あせもの対策として塩をあせもに塗りこむと痒みが収まって、

 

治ると言われています。

 

ミネラル成分が豊富な天然塩を使ったほうが良いです。

 

小さい頃、私も塩を塗りこんであせもをおさえていましたが、

 

非常に塩が痛いです。

 

掻き壊したところはデリケートになっているので、塩がすごく

 

染みるため治し方としてはおすすめできません。

コメントを残す