おでこの大人ニキビが治らない時の治し方!ストレス以外に原因あり?

 

ニキビは子供の頃が一番沢山できてしまう時期ですが、
大人になってからもニキビとは戦っていかなければなりません。

 

顔の中でもおでこはニキビができやすいところですが、大人になると
中々治らないという経験がある方も多いですよね。

 

ニキビができる原因として、大人の誰もが抱えているであろう「ストレス」
がありますが、それだけではなく、大人ニキビの原因は多岐に渡ります。

 

不規則な生活がおでこにニキビを作っている?

 

ストレスは男性ホルモンを活発にさせて皮脂を増やしてニキビの原因となりま
すが、食生活や睡眠といった日常の生活もニキビができてしまう大きな原因と
なってしまいます。

 

大人になると、仕事の飲み会で暴飲暴食になる機会が増えてしまったり、
忙しくて睡眠時間がろくに取れなかったりすることがあるかと思います。

 

自分の社会人生活を振り返ってみると、きちんとした規則正しい生活を
送れている方は少ないんじゃないでしょうか。

 

不規則な生活は毛穴詰まりを起こす1つの原因なので、あまり荒れていると
おでこのニキビも治らないので、変えていけるところ
から少しは変えていった方がいいですね。

 

前髪がおでこのニキビの原因になっている?

 

おでこの大人ニキビの原因で見逃しがちなのが、前髪です。

 

皮膚というのは結構デリケートなもので、髪があたることで
チクチクと肌に刺激を与えてしまうことになります。

 

前髪がおでこにかかっている方は、髪が刺激となって額の肌が
荒れてしまって、それが結果的にニキビを作ることになるんです。

 

肌が特に敏感で前髪がおでこの刺激となっている方は、それがニキビが
治らない原因だったりするかもしれません。

 

おでこのニキビを治し方の1つの方法として、前髪がかからないように
分けると良いですね。

 

外に出ている時はおでこのニキビが恥ずかしい方は、家に帰ってきて
から前髪をおでこにかけないように気をつけるなどするのもいいかと
思います。

 

大人ニキビの最大の敵は肌の乾燥

 

子供の頃と同様、毛穴を詰まらせる原因として皮脂が
ありますが、大人ニキビは皮脂よりも乾燥の方が気をつけた
方が良いです。

 

10代~20代前半までは、若さの力で肌の水分量は多く、そこまで
保湿に気をつけなくても肌の潤いは維持されます。

 

しかし、大人になると肌の潤いというのは、段々少なくなっていくもので、
保湿をしっかりとしないと肌はすぐに乾燥してしまうようになってきます。

 

肌が乾燥するとなぜいけないかというと、乾燥によって皮脂は過剰になりますし、
ターンオーバーが乱れて、古い角質が毛穴を詰まらせてニキビを作ることになります。

 

肌を乾燥させる原因として、「紫外線」「過剰な洗顔」「エアコンのつけすぎ」など
様々なことが考えられます。

 

自分は肌なんて乾燥してないと思っていても、隠れ乾燥肌という方も多いので、
気をつけた方が良いですね。

 

おでこの大人ニキビの治し方

 

おでこの大人ニキビの治し方は色々考えられますが、ニキビをスキンケア
で治す基本的な考えは、「肌を清潔に保つ」「保湿」「炎症を抑える」
の2つに気をつけることです。

 

ニキビは毛穴に皮脂や汚れ、雑菌が入りこんでしまうことで炎症を起こして
できるものです。

 

そのため、毎日洗顔をして肌を清潔に保って、毛穴詰まりを起こさないように
しましょう。

 

また、保湿をきちんとして乾燥によるニキビを作らないように気をつけたり、
抗炎症作用のある化粧品でニキビの部分をケアしてあげることも効果的です。

 

 

コメントを残す