自然派化粧品・無添加化粧品で失敗しない選び方!おすすめはどれ?

 

一昔前よりも、肌が弱い方が増えてきているようで、肌に配慮した
自然派化粧品・無添加化粧品を好んで使う方も増えてきました。

 

自然派、無添加ならお肌にも良いよね!と考えて、使う方が
多いようですが、それは良いことではあるんですが、大きく失敗
する可能性もあるんです。

 

実は、自然派・無添加の化粧品には落とし穴があることを知らない
で、選び方が間違っている方が多いんですよね。

 

ほとんどの人が知らない自然派化粧品・無添加化粧品の落とし穴

 

 

皆さん、そもそも自然派化粧品・無添加化粧品って何なのか知っていますか?

 

恐らく、天然成分が豊富で、添加物とかは全然入っていないお肌に
優しい化粧品といったイメージが出てくるかと思います。

 

確かにイメージとしては、間違ってはいないのですが、いくつか
見落としている落とし穴があるんです。

 

それは、自然派化粧品・無添加化粧品と謳っている商品だからと言って、
100%天然成分だけで作られている訳ではないということです。

 

ほとんどの人は自然派・無添加と聞いたら、添加物は全然入っていない
と思い込んでしまいますが、それは違うんです。

 

日本の法律上、天然成分が1つでも入っていたら、自然派化粧品と呼んでも
いいことになっていますし、1つでも添加物が入っていなければ無添加と
いう表記をしていいことになっているんです。

 

これが大きな落とし穴で、表面上は何だか肌に良さそうですが、自然派や
無添加と謳ったものは良くない商品もありますので、注意が必要です。

 

失敗しない自然派化粧品・無添加化粧品の選び方とは

 

 

大げさな話、1%未満の天然成分しか配合されていなくても、自然派化粧品であったり、
無添加化粧品と謳うことができるのが日本の法律ではできてしまいます。

 

そのため、せっかっく肌に良さそうなものを選んでも、蓋を開けてみたら
実はそうじゃなかったなんてこともあるかもしれません。

 

失敗しないためにも、購入前に確認しておかなければならないのは、
やはり配合成分ですね。

 

アルコールは入っていなくても、パラベンのような防腐剤やその他添加物がいくつか
入っているものも無添加として表記されるので、どんなものが配合されているのか
は必ずチェックしてください。

 

自然派化粧品・無添加化粧品と謳っていても、疑いの目を持って
選ぶようにしてくださいね。

 

天然成分由来のおすすめの化粧品は?

 

どれだけの比率で天然成分が配合されているかなどで、人それぞれ
求めている化粧品や選び方は変わってくると思いますが、個人的におすすめなのは
HANAオーガニックです。

 

 

天然成分100%で完全に無添加で、真に自然派化粧品と呼べるような
ものです。

 

肌への優しさを考えたスキンケアがしたい人にはおすすめですよ。

 

 

コメントを残す