目の下の色素沈着が原因の茶色いくすみを治す2つの方法

 

目の周りの皮膚はとても薄いので、肌トラブルに
なりやすい部位です。

 

年齢関係なく、目の周りの肌トラブルで多いのが
目の下の色素沈着による茶色いくすみです。

 

茶色いくすみは茶クマとも呼ばれますね。

 

早い人だと10代の頃から目の下が茶色く
くすんでしまうこともあります。

 

まだ10代、20代なのにくすみ・クマがあったら
他の同世代の人よりも老け顔に見られるので、
それはちょっと胸が痛いですよね。

 

どうやって治していけばいいのか、原因を踏まえて
ご紹介していきたいと思います。

 

目の下の茶色いくすみは自分が原因かも?

 

茶色いくすみ・クマは紫外線によってメラニンが増えて
色素沈着してできてしまうというイメージはあるかと思います。

 

勿論、紫外線の影響は大きいです。

 

 

皮膚が薄い目の下は紫外線のダメージも受けやすく、
シミとなって茶色くくすんでしまいます。

 

UVケアができていないと、紫外線のせいで目の下が
茶色くなってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、原因はそれだけではないのです!

 

自分で色素沈着を引き起こして、くすみを作って
しまうことはよくあることなんです。

 

目を擦り過ぎていませんか?

 

 

紫外線よりも原因として考えられるのが、目の擦り
過ぎです。

 

自分のことかもしれないと、ギクッとした方も
いるかもしれませんね。

 

メラニンの色素沈着は紫外線だけで起きるものでは
ありません。

 

摩擦を頻繫に与えたり、刺激を与えてしまうと
メラニンを作るメラノサイトを刺激して、その
部分が色素沈着で茶色に変色してしまうわけです。

 

目を擦り過ぎてしまうことで、自分でくすみを
作ってしまっているということですね。

 

目を擦って色素沈着を引き起こしてしまう原因
にもいくつかあります。

 

洗顔・クレンジングの時に擦り過ぎてしまう

 

洗顔やクレンジングで顔を洗う時に、目の周りは
強く擦りがちになってしまいます。

 

クレンジングは特に色素沈着を引き起こす
大きな原因となりがちです。

 

シャドーなど、目の周りにアイメイクをする
方も多いですよね。

 

アイメイクをクレンジングで落とす時に、
濃いメイクだと強く擦りながら落とそう
としてないでしょうか。

 

優しくを心掛けても、意外と強く目の周りを
クレンジングしてしまっていることもあるので、
一度自分のやり方を振り返ってみましょう。

 

目の疲れ・ドライアイ

 

 

現代病とも言えるのが、スマホやパソコンの
見過ぎによる目の疲れやドライアイです。

 

画面の見過ぎで、目が疲れたり、瞬きが減って
ドライアイになると、目がショボショボしてしまい
ますよね。

 

目がショボショボしてしまうと、思わず目の周りを
擦ってしまうことが増えてしまいます。

 

これも目の下の色素沈着が原因のくすみに繋がります。

 

目の下の茶色いくすみを治す方法って?

 

 

目の下の茶色いくすみを治すには、まずこれ以上酷くさせないように
紫外線を予防したり、目の周りを擦るのを今すぐストップすることが
先決です。

 

悪化するのを防ぐのと、再発防止はとても大事です。

 

せっかく治ったとしても、またできてしまったら意味が
ないですからね。

 

そして、治す方法としては、「ターンオーバーの力でメラニンを
追い出す」「美白化粧品でケア」の2つの方法が考えられます。

 

ターンオーバーの力でメラニンを追い出す

 

人の皮膚というのは定期的に生まれ変わる働きがあって、
それをターンオーバーと言います。

 

ターンオーバーによって、古い角質はフケとして排出されて
いって、色素沈着したメラニンも一緒に外に追い出すように
なっています。

 

そのため、ターンオーバーが正常であれば、自然に徐々に
くすんだ部分は薄くなっていくのですが、うまく機能が働いて
いないとメラニンを追い出すことができず、溜まっていく一方です。

 

ターンオーバーを正常に働かせるには、保湿が重要なポイントと
なってきます。

 

セラミドのような高保湿成分で、目元をケアしてあげることで
ターンオーバーを正常化させていきましょう。

 

また、レチノールやプラセンタといったターンオーバーを早める
美容成分が入ったアイクリームでメラニンを追い出すのも良いかも
しれません。

 

美白化粧品でケアをする

 

目の下の茶色いくすみが色素沈着が原因のものであれば、
シミと同じように美白ケアをしてあげることで薄くしていく
ことができます。

 

ダイレクトに治したいのであれば、ハイドロキノンという
強力な美容成分を使ってケアをしてあげるのも良いかと
思います。

 

ただし、強力で刺激が強く、扱いも難しいので、
使う時には十分に気をつけてくださいね。

 

 

コメントを残す