目の下のクマが全然消えない時は原因から改善方法を知ろう!

 

思い付く限りの方法は試してみたけど、目の下のクマ
が全然消えないということありませんか?

 

正しいケアの仕方をしていても消えないということも
ありますが、間違った方法で治そうとしていることも
しばしばあります。

 

クマによっても種類があるので、それぞれに合った
方法で対策をしていかないと、治るものも治らない
ですからね。

 

まずは、自分はどのタイプのクマに合致するのか
をチェックしてから、それに合わせた改善方法を
していきましょう。

 

目の下のクマの原因をタイプ別にチェック!

 

クマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプに
大きく分けることができます。

 

どのタイプが自分のクマが当てはまるかチェックしましょう。

 

ただ1つ注意なのが、この3タイプのクマが複合的に重なって
しまっていることもあります。

 

血行不良が原因の青クマ

 

 

クマで最もなりやすいのが青クマです。

 

冷えや寝不足などで代謝が悪くなって、血行不良が
起きることでできます。

 

色白だったり肌が薄い人は特に顕著に出やすい
と言われています。

 

年齢が高いほど代謝が衰えて血の巡りも悪くなるので、
青クマにもなりやすいですが、10代~20代と若い年齢
でもできてしまいます。

 

学生さんであれば、勉強や遊びで徹夜した時に
目の下にできるのがこの青クマですね。

 

青クマを治すには

 

青クマを治すには血行を促進させて、目の周りの
血の巡りを良くする必要があります。

 

冷え性気味の方はしっかりと肩までお湯につかり、
身体を温めるようにしましょう。

 

また、夜更かしが常態化している方は、睡眠時間は
きちんと確保して十分な睡眠を取りましょう。

 

スマホやPCの画面を見て目を酷使するのも血行を悪く
さえるので、適度に目は休ませてあげると良いですね

 

目の周りをアイクリームを使って、軽くマッサージを
するのも血行を促進させて青クマ解消に繋がると言われて
います。

 

色素沈着・乾燥が原因の茶クマ

 

 

目の下がシミが集まったように茶色くなっている
のであれば、茶クマです。

 

茶クマは主に紫外線であったり、目の周りに摩擦や刺激
を与えることが原因で起こる色素沈着によってできます。

 

当然、目は顔の一部なので露出が高く、日光による
紫外線も浴びやすくメラニンが増えてしまいやすい部位です。

 

それに、クレンジングであったり、目の周りに摩擦や
刺激を与えやすいところなので色素沈着が起こりやすいです。

 

乾燥も茶クマの原因でもあります。

 

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れて、皮膚がどんどん厚く
なってしまって、それが茶色いくすみを作り上げます。

 

茶クマの治し方

 

茶クマの改善方法はシミと同様に、美白ケアが効果
的だと言われています。

 

目の下でも使えるような、肌に優しい美白化粧品を
使ってケアをしてあげましょう。

 

また、乾燥を防ぐためにも保湿は丹念にを忘れずに。

 

せっかく対策をしても、原因を絶たなければ全然
クマは消えないですし、再発することも考えられます。
紫外線対策や目の周りに負担をかけないことも意識して
いきましょうね。

 

肌の老化が原因の黒クマ

 

 

高齢になればなるほど目の下にできやすくなるのが、
黒クマです。

 

黒クマは加齢によって下まぶたがたるんだり、目の下の
皮膚がゲッソリと痩せてしまうことで、影ができることが
原因です。

 

こうなってしまう原因は、老化によるコラーゲンといった
肌に厚みをもたらす成分が減ってしまうからです。

 

これは歳を取れば自然となることで、誰にでも起こることです。

 

黒クマの治し方

 

黒クマを治すには、肌のハリと弾力を回復させることが
必要です。

 

肌の老化で痩せてしまった皮膚を復活させるには、コラーゲン
とエラスチンの増加を促すことが有効です。

 

ビタミンC誘導体などの美容成分でコラーゲンの生成を促す
ことが対策方法としてはあります。

 

それぞれのクマのタイプにあったケアを

 

上記で説明したように、目の下のクマにも色々種類が
あって、それぞれ原因や改善方法は変わってきます。

 

ケアをしてみても、全くクマが消えないのは、クマのタイプ
にあった改善方法ができていないからかもしれません。

 

一度、自分がどれに当てはまるのか再確認して、
それに対応したスキンケアなどを実践していってくださいね。

 

コメントを残す