口周りの色素沈着の原因って何?ハイドロキノンで改善できるって本当?

 

口の周りが色素沈着で黒くなってしまっていると、決して
綺麗な口元とは言えませんよね。

 

肌が白い人だと余計に目立つので、泥棒みたいに見えてしまう
こともあります。

 

口元が汚く見えてしまう色素沈着を改善するには、ハイドロキノン
という美白成分が効果的だと言われています。

 

口周りの色素沈着の原因は様々!

 

 

肌の色素沈着というのは、紫外線、摩擦、刺激であったりと何らかのせいで
ダメージが与えられることでメラノサイトが活性化してメラニンが増えて
しまうことでなってしまうものです。

 

口周りにダメージを与える原因は様々なことが考えられます。

 

紫外線は色素沈着を引き起こす最も大きな原因であることは
皆さんご存知かと思いますが、それだけではありません。

 

男性ならシェービングによる刺激が大きな原因となっていたり、
女性ならメイク落としの時のクレンジング剤による刺激が原因
ということもあります。

 

また、洗顔でゴシゴシと洗うようにしていたりと、口の周りに
刺激となるようなことを普段の生活でしていることは多いです。

 

色素沈着を引き起こさないためには、口元にダメージになるような
ことは意識的に避けていかないといけないということですね。

 

口周りの色素沈着はハイドロキノンで解消できる?

 

 

メラニンの色素沈着が起きないように、口周りのダメージを防ぐことも
大事ですが、既に出来てしまった色素沈着はどうにか消していくしかありません。

 

色素沈着はいわば、シミのことなので、シミに効果があると言われている
「ハイドロキノン」が有効であるとされています。

 

一般的な美白化粧品はメラニンを抑えて色素沈着の予防にしか効果を発揮しませんが、
ハイドロキノンは薄くすることができると言われているんです。

 

皮膚科でもシミの相談をすると、お医者さんにハイドロキノンを処方されることは
とくあります。

 

そのため、口周りの色素沈着にもハイドロキノンは試してみる価値はあるかと思います。

 

しかし、使っていく上で注意点はいくつかあります。

口周りにハイドロキノンを使う時に気をつけるべき3つのこと

 

 

・紫外線を浴びると色素沈着が悪化する

・濃度が濃いものは刺激が強い

・頻繫に使わない

 

この3つはハイドロキノン配合の化粧品を使う時は、必ず
意識して使うようにしてください。

 

ハイドロキノンを塗った部分は、紫外線を浴びると色素沈着
が起きるというデメリットがあります。

 

色素沈着を改善するどころか、悪化させてしまうことにも
なるので注意が必要です。

 

夜にケアをすれば問題はないですが、間違っても日中に顔に
塗らないようにしてくださいね。

 

また、ハイドロキノンは肌に刺激となりやすい美白成分で、
濃度が濃ければ濃いほど刺激は増します。

 

できるだけ、濃度が低く、且つ浸透性が高くしっかりと効果が
見込めるものを選ぶようにしましょう。

 

また、頻繫に使うのも肌荒れや炎症を起こす可能性があるので、
様子を見ながら週一程度で使うようにしてくださいね。

 

ハイドロキノン配合の化粧品を使う時は、皮膚科医が直々に開発
しているようなものが信頼性も高いので、そういったドクターズコスメ
を使っていくのがおすすめです。

 

ハイドロキノン配合のドクターズコスメでは、ビーグレンが人気が高いです。

 

濃度が1.9%と、低いですが、浸透性が高く4%の濃度のハイドロキノン
と同じ効果が得られると言われています。

 

 

コメントを残す