目の下のひどい黒クマの取り方とは?隠すよりもなくす努力!

 

目の下の隈(クマ)とはよく言ったもので、
動物のクマさんのような目に見えてしまいますよね。

 

目のクマは動物の熊とは語源としては全然関係ないですが(笑)

 

加齢によって目の下に段々黒いクマが出没してきて、
目の周りが暗くなって困ってしまうという方も多いと思います。

 

黒クマはとても厄介で、ひどいものだと真っ黒
な炭を塗っているかのような感じになります。

 

コンシーラーなどで隠すこともできますが、
理想としてはやっぱり根本的に黒クマをなくす
ことができた方が良いですよね。

 

目の下のひどい黒クマはどういった取り方をして
いけばいいのでしょうか?

 

黒クマと青クマの違い

 

 

誤解をしやすいのが、黒クマと青クマ
は全くの別物ということですね。

 

目元にクマができる人は沢山いますが、
大体は青クマであることがほとんどです。

 

青クマは簡単に言ってしまえば、血行が悪く
なって血が溜まってしまうことでできるものです。

 

睡眠不足や身体の冷えなんかが原因で起こるものですね。

 

そのため、年齢関係なく目の下に青クマができて
しまいます。

 

一方で、黒クマは加齢による原因で出来てしまう
ことがほとんどです。

 

黒いクマができてしまうのは、目の下の皮膚が
加齢によって痩せてしまうことで窪みができて、
影をつくることが原因です。

 

皮下脂肪であったり、コラーゲンやエラスチンは
40代、50代になると若い時に比べてだいぶ減るので、
皮膚痩せが加速してきます。

 

目の下の黒クマの取り方としては、皮膚が窪んでしまって
いるのをなんとかして、ハリのある肌にする必要があります。

 

黒クマの取り方

 

 

黒クマを隠すのではなく、なくすには
目の下の肌のハリや弾力を取り戻す必要が
ありますが、いくつか方法があります。

 

ヒアルロン酸注射

 

目の下の皮膚のくぼみを作るたるみが黒クマ
の原因なので、そのたるみを改善していく必要が
あります。

 

クリニックでしてもらえるヒアルロン酸注射で
目元のたるみを改善して黒クマをなくすこともできます。

 

しかし、数か月でヒアルロン酸の効果は切れるのと、
費用がそれなりにかかるというデメリットがあります。

 

お金のことは心配しない!という方にはやってみる
価値がある方法かもしれません。

 

美容液やアイクリームを使う

 

自宅でできる黒クマの取り方としては、
美容液やアイクリームを使った方法があります。

 

具体的にどんな美容成分が入っているものを使って
いくといいのかというと、コラーゲンを生成する働き
があるものを選ぶようにしましょう。

 

レチノールやビタミンC誘導体、FGFといった
成分ですね。

 

間違ってもコラーゲン自体が配合されているものを
選ばないようにしましょう。

 

コラーゲンは角質層の深い部分である真皮まで届かない
と意味がなく、市販のコラーゲン配合の化粧品では
真皮までは浸透させることはできないんです。

 

保湿効果としては効力を発揮しますが、黒クマ
対策としてはふさわしくはありません。

 

体内でコラーゲンが作られるように働きかける、
美容成分が入った美容液やアイクリームで目元を
ケアしてあげるようにするのが効果的です。

 

黒クマをなくすのにおすすめなのは、アイキララ
というアイクリームです。

 

コラーゲンを生成するビタミンC誘導体が配合されて
いるので、目の下のくぼみを改善し、黒クマの解消にも
期待が持てます。

 

ひどい黒クマは隠すことを考えるよりも、ハリのある肌を
取り戻して根本的になくすことが理想的ですよね。

 

目の下の黒いクマさんをなくして、老け顔から脱却しましょう!

 

 

コメントを残す