皮膚が薄いと目の下にクマができやすい?解消法は?

 

 

目の下の皮膚は他の身体の部位よりもかなり薄く、
それが原因でクマができると言われています。

 

クマにも色々種類があって、それぞれ原因や
改善方法は変わってきます。

 

それぞれのクマのタイプに対して皮膚の薄さ
はどういった影響があるのでしょうか。

 

青クマと皮膚の薄さの関連性

 

青クマは血行不良が原因でなるもので、血液が滞って
しまうことで目の下が青黒くなってしまいます。

 

血液が浮き出ることで青クマとなるわけなので、
皮膚が薄い分、濃くクマが現れるようになります。

 

青クマができたら、血流を良くするようにマッサージ
をしましょう。

 

また、運動や十分な睡眠など生活習慣からも血の巡りが
よくするようにしていくと良いですね。

 

茶クマと皮膚の薄さの関連性

 

目の下が茶色く変色しているなら、それは茶クマ
と呼ばれるものです。

 

目の下は皮膚が薄い箇所なので、少しの刺激にも弱く
ちょっと目擦っただけでも傷つきやすいです。

 

そのため、摩擦や紫外線によってメラノサイトを活発
にさせやすく、メラニンの色素沈着が起こってしまい
茶色くシミのようにできてしまうんです。

 

目の下の茶クマ対策としては、肌に優しい美白化粧品で
紫外線予防をしましょう。

 

黒クマと皮膚の薄さの関連性

 

 

黒クマは下まぶたのたるみによって、皮膚に影
が作られてできるものです。

 

瞼は毎日数え切れないほど、瞬きをして酷使を
するものなので、たるみになりやすいところです。

 

皮膚が薄いほど、その影響も大きく黒クマは
できやすいです。

 

たるみはコラーゲンやエラスチンなどが不足していると
起こりやすいので、レチノールやビタミンC誘導体といった
美容液で下まぶたのたるみを改善していきましょう。

 

クマをなくすには皮膚を厚くして改善できる?

 

 

人によって皮膚の薄さは違い、生まれつきすごく薄い
人もいます。

 

元々皮膚が薄い人は更に薄くなってしまっていることも
あります。

 

また、加齢にとってコラーゲンやエラスチンが減少することで
皮膚は薄くなりハリを失っていきます。

 

それぞれのクマのタイプにあった対策方法も大事ですが、
皮膚が薄い状態自体を改善することもクマの解消にはつながります。

 

加齢によって皮膚が薄くなっている場合は、ビタミンC誘導体のような
コラーゲンの生成を促す美容液でケアをしてあげると、肌にハリが出て
くると思います。

 

元々皮膚が薄い方も、ケアの仕方によっては本来よりも更に
薄くなった皮膚を今よりかは厚くすることはできると思います。

 

また、目の下はとてもデリケートなので、スキンケアを雑に
やって皮膚を余計に薄くしないようにすることも気をつけて
あげると良いですね。

 

コメントを残す