口周りがただれて赤くなる時の原因と対処法!赤ちゃんが特に多い? 

 

原因が何なのかも分からないまま急に発症してしまう皮膚
のただれ。

 

湿疹や皮膚炎とも呼ばれますね。

 

口周りがただれて悩んでいる方は多く、大人もそうですが、
特に赤ちゃん(乳幼児)が口の周りがただれて赤くなって
しまうことが多いです。

 

あまりにも酷いようであれば、まずはすぐに皮膚科に行って
診てもらうことが先決です。

 

皮膚のただれは原因が様々で、それぞれに合わせた対処法
をしていかなければなりません。

 

口の周りのただれは他の部位とは違ったことが原因
であることもあるんです。

 

口の周りのただれ・湿疹の原因は意外なところにあり!

 

 

口の周りの皮膚がただれて赤くなるのは、意外なところ
にも原因があって、普段から対策できていないことも多いです。

口の周りを舐めてしまう

 

ちょっと口元が乾燥しているなと感じていたりすると、
ペロっと口の周りを舐めてしまう方もいるかと思います。

 

目には見えませんが唾液には、沢山の雑菌が含まれているので
口元にべっとりと付いたままになってしまうと、雑菌が繁殖して
ただれてしまう原因にもなります。

 

赤ちゃんの場合は、よだれをだらーっと垂れ流してしまう
ので、口の周りに湿疹・ただれが現れてしまうことが多いんです。

 

唾液は口の周りに残さないように、舐めるのをやめたり
綺麗に拭き取るようにしてくださいね。

 

辛いものが口の周りに付いたまま

 

辛いものを食べることってあると思いますが、
ちゃんと口を拭けていなくて、辛いものが口元に
付着したままになると、それが刺激となります。

 

唐辛子といったような辛いものはいわゆる刺激物
なので、皮膚が弱い口の周りにとっては、ただれ
を引き起こして赤くなることにもなります。

 

 

リップクリームが合っていない

 

口の周りが荒れてしまうのは、リップクリームが
合っていないことも多いです。

 

リップクリームは添加物や刺激となるものがたっぷり
入っているようなものもあります。

 

何らかの成分が刺激となって、口元がただれて赤くなる
ことがあります。

 

リップクリームを使った後に何か異変があるようであれば、
製品を変えてみた方がいいかもしれません。

 

アトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎

 

皮膚のただれで多い原因として、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎
があります。

 

アトピー性皮膚炎は簡単に言えば花粉や食物アレルギー、ダニなどの
何らかのアレルゲンによって皮膚が荒れてしまうことです。

 

赤ちゃんなんかは大人よりもアレルギーに弱いので、十分に
注意してあげてください。

 

また、化粧品など、何か肌に刺激となるような成分が皮膚に触れる
ことで起こる接触性皮膚炎にも注意です。

 

これらは原因を特定することは難しいですが、何かただれてしまう
ようなものがないか洗い出してみましょう。

 

原因となるものは口の周りに触れないようにして対策してくださいね。

 

乾燥

 

目の周りと同様、口の周りは身体の中でも乾燥しやすい
部位です。

 

乾燥してしまうと、外の刺激から肌を守るバリア機能が
低下してしまうので、皮膚もただれやすく赤くなります。

 

バリア機能が低下していると、普通なら刺激にならない
ことも強い刺激として感じてしまうようになります。

 

口の周りの皮膚がただれた時の応急処置はこうしよう!

 

 

口の周りの皮膚がただれた時は、酷いようであれば速攻で皮膚科に
行くべきです。

 

お医者さんにステロイドなど、症状に合わせた薬を処方してもらえる
かと思います。

 

しかし、自分でなんとか対処したいのであれば、できるだけ下手に
触らずに、保湿を入念にするようにしてください。

 

肌が荒れた時はとにかく保湿をすることで応急処置にはなります。

 

赤みやかゆみも乾燥状態よりかは緩和される場合も多いので、保湿力の
高いセラミドなどの美容液で潤いを与えてあげましょう。

 

保湿をしてもどうにも治らないのであれば、ちゃんと皮膚科で診てもらう
ようにしてくださいね。

 

間違っても下手に触ってしまうなど、不適切な対処法をしないように!

コメントを残す