口周りの黒ずみは乾燥だけが原因じゃない?解消するにはどうする!

 

 

意外と沢山の方が悩んでいる、口の周りの黒ずみ。

 

原因としては、肌の乾燥もありますが、そう単純な
ものではありません。

 

いくつか原因はあり、それが重なって口の周りに
黒ずみができてしまっている可能性は高いです。

口の周りの黒ずみは乾燥だけが原因じゃない

 

口の周りの皮膚は薄いため、乾燥がしやすい部位です。

 

乾燥すると古い角質が残って、それがくすみとなって
黒ずんだようになるため、乾燥が直接的な黒ずみの原因
になることはあります。

 

しかし、乾燥だけでなく、他にも口周りの黒ずみと
なることはあります。

 

口の周りに与えるダメージが黒ずみの大きな原因

 

 

乾燥によるくすみであったり、髭や産毛が黒ずみに見える
こともありますが、口周りが黒っぽくなってしまうのは
肌にダメージが与えられることによる色素沈着であることが多いです。

 

口の周りにできる黒ずみの正体はいわゆる、シミということになりますね。

 

紫外線による色素沈着

 

メラニンの色素沈着を引き起こすと言えば、陽の光の紫外線。

 

肌の薄いデリケートな口元は、紫外線の影響も受けやすく
紫外線によるシミにもなりやすいです。

 

口元のUVケアが十分にできていないと、黒ずみもできやすく
なるので気をつけましょう。

 

口元を拭く時にダメージを与えている

 

食事の時に、口の周りに何か付いたりして汚くなったら、
口元を拭きますよね。

 

また、お風呂上がりや洗顔の時にも口元を拭くと思いますが、
その時に生地がザラザラして摩擦が強いもので拭いたり、ゴシゴシ
と強く拭いてしまうと口の周りにダメージを与えてしまいます。

 

それが慢性的になっていると、口元を拭く時にメラニンを作り出す
メラノサイトを刺激して、色素沈着を引き起こします。

 

口の周りの黒ずみを改善するには

 

 

口の周りの黒ずみを改善するには、とにかくまずは口元に
刺激や摩擦といったダメージを与えるようなことは今すぐ
やめるようにしましょう。

 

紫外線対策のためのUVケアも日常的にするようにしましょう。

 

また、乾燥によるくすみで黒っぽくなるのを防ぐためにも、
保湿はしっかりとしてターンオーバーを整えましょう。

 

ターンオーバーを整えることで、色素沈着によって黒くなった
部分も古い角質と伴に、メラニンごと外に追い出すことにも
つながります。

 

また、色素沈着で黒ずみとなってしまった部分は、シミと同じ
ケア方法も効果的です。

 

美白化粧品を使うことで、メラニンを抑制して
更に色素沈着で黒くなってしまうことを防ぎます。

 

既に黒ずみとなってしまっているならば、ハイドロキノン
を使うのも1つの手です。

 

コメントを残す