お尻のあせも跡を消したい人は集合!黒ずみ(色素沈着)を消す方法とは

 

 

お尻にあせもができてしまうと、ついつい痒くて掻いてしまいますよね。

 

掻きすぎしてしまうと、黒ずみ(色素沈着)で黒いお尻になってしまうので、

 

汚くなります。

 

水着を着たり、温泉に行って誰かに汚いシミがあるお尻を見られるのは

 

恥ずかしいですよね。

 

ましてや、恋人に黒ずみのあるお尻を見られたら幻滅されるかもしれません。

 

あせも跡で黒ずみができてしまった時は、どう消したらいいのか、

 

お尻の黒ずみの治し方を見ていきましょう。

 

お尻のあせも跡を治すためのポイント

 

あせもを掻きむしってしまって、色素沈着を引き起こしてしまった

 

お尻を綺麗にするには『ターンオーバーを促進させる』『メラニンを抑える』

 

この2つのポイントを意識してケアをしていきます。

 

ターンオーバーを促進させて黒ずみを消す

 

 

あせもが痒くて爪でポリポリと掻いてしまうことで、

 

メラニンが色素沈着となり黒ずみを作り出します。

 

その黒ずみの原因である、メラニンは角質に潜んでいるため、

 

本来であればターンオーバーの力で自然に除去されていきます。

 

しかし、お尻の角質は厚く、血行が悪かったり、乾燥していると

 

ターンオーバーが乱れて中々黒ずみも消えません。

 

そこで、人為的にターンオーバーを促進させてあげることで、

 

メラニンを取り除くわけです。

 

ピーリングやスクラブでターンオーバーを促進

 

ターンオーバーを促進させる方法で代表的なのは、ピーリングです。

 

クエン酸やフルーツ酸といった古い角質を酸で溶かして、ターンオーバーを

 

促進させてあげる、ケミカルピーリングは黒ずみにも効果的です。

 

また、スクラブの粒で皮膚をこすって、角質を取ってあげるのもターンオーバーを

 

促進させる1つの方法です。

 

たが、ピーリングやスクラブは肌を傷めたり、過剰にやりすぎると

 

肌トラブルの原因となるので、注意が必要です。

 

保湿ケアでターンオーバーを整える

 

 

古い角質を取り除いて、お尻の黒ずみ(色素沈着)を消すには、

 

保湿ケアでターンオーバーを整えることも欠かせません。

 

お尻でもカサカサに乾燥していると、ターンオーバーの周期は

 

遅れて黒ずみは治りづらくなります。

 

『セラミド』『ヒアルロン酸』『コラーゲン』といった保湿成分が

 

豊富な保湿剤でケアをしてあげるのが効果的です。

 

メラニンを抑える美白ケアも行う

 

 

お尻のあせも跡を消すには、ターンオーバーを促進・正常化させて

 

あげることと一緒に、メラニンを抑える美白ケアも行っていきましょう。

 

あせもで掻いてしまうだけでなく、お尻は衣類で擦れたりと何かと

 

刺激が与えられて、メラニンが色素沈着を引き起こしやすい部位です。

 

メラニンを抑えて黒ずみを予防し、あせも跡を消すためにも

 

美白ケアもしていきましょう。

 

美白化粧品でも、お尻用の製品もあるので、そういったものを優先的に

 

活用していくと良いですね。

 

コメントを残す