肌に負担が少ないメイク落としはクレンジングの使い分けが重要!

 

スキンケアの中でも最も肌に負担がかかるクレンジング。

 

クレンジングで負担をかけ過ぎてしまうと、肌荒れを引き起こした
りと、綺麗な肌から遠ざかってしまう原因にもなりかねません。

 

また、敏感肌・乾燥肌に傾いている人は、顔を洗った後にヒリヒリ
することもあるので、できるだけ肌にかかる刺激は抑えたいところ。

 

肌に負担が少ないメイク落としをしていくにはクレンジングの使い分け
をしていくことがポイントとなってきます!

 

基本的には肌に優しいクレンジングを使う

 

 

頑固な濃いメイクであったり、ウォータープルーフのメイク
でも落とせるオイルタイプのクレンジングで一気に顔全体の
メイク落としをする方もいるかと思います。

 

そんな方はちょっとストップ!

 

オイルタイプもそうですが、リキッドタイプ、ジェルタイプ
などのクレンジングは洗浄力は強いですが、肌への負担は大きいです。

 

特にオイルタイプとリキッドタイプは強力なので、お肌が弱い方は
積極的に使うのは避けた方が良いですね。

 

一歩譲って、ジェルタイプのものなら良いかと思います。

 

肌への負担が少ないクレンジングを使いたいのであれば、
クリームタイプかミルクタイプのものを選ぶようにした方が良いです。

 

ミルクタイプは水分が多く摩擦が抑えられるため、最もクレンジングの
中では洗浄力が弱いため、普段のメイク落としには使いづらいです。

 

そのため、洗浄力と肌への負担のバランスを考えると、クリームタイプ
のものが一番おすすめです。

 

基本的にメイク落としをする時は、クリームタイプのものを使うことで
肌への負担は抑えられると思います。

 

ポイントメイクは洗浄力の強いクレンジングで使い分ける

 

ポイントメイクをよくする女性も多いと思いますが、ウォータープルーフ
のものはクリームタイプのクレンジングでは洗浄力が足らなくて、落ち切らない
ことがあります。

 

メイクは肌に残したままにすると、毛穴詰まりや肌荒れに繋がるので、
しっかりと落とす必要があります。

 

なので、目元などのポイントメイクはオイルタイプなどの洗浄力の強い
ものを使ってちゃんと落として、他のところはクリームタイプで洗い落とす
など、使い分けをすると肌への負担をできるだけ抑えることができます

 

肌への負担を少なくするクレンジングのやり方も大事

 

 

使うクレンジングの種類であったり、メイクによってクレンジングを使い
分けることは肌への負担を抑えるためにはとても大事ですが、クレンジングをする
やり方も見過ごしてはダメです。

 

メイクをしっかりと落とそうと、マッサージをするように手で摩擦を
かけながらメイクオフをする方も結構いますよね。

 

摩擦を過度にかけ過ぎると、乾燥や炎症を引き起こすので
適度に優しく洗いましょう。

 

また、使うクレンジングの量が少な過ぎると、摩擦が無駄にかかって
しまうので、ケチらずに適量を使ってあげてください。

 

時間をかけ過ぎて顔を洗うのも、肌に負担がかかるので、
目安としては1分以内に済ませるのがベストです。

 

こういった、肌に優しいクレンジングのやり方を意識してみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す