肌が弱い人のスキンケア方法!洗顔や化粧水は一度見直すべき?

 

生まれつきであったり、年齢によるものであったり
何らかの原因で肌が弱い人はいると思います。

 

肌が弱いと何が大変かというと、肌トラブルが増えますし、
何よりスキンケア自体が大変です。

 

合わない化粧品が多かったり、普通にスキンケアをしている
つもりでも、痛みや痒みを肌に感じてしまうことは頻繁に
あります。

 

どうすれば、悩まされないスキンケアをしていけるのでしょうか。

 

クレンジングや洗顔料は本当に肌に合ってる?

 

 

肌が弱い人はメイクを落としたり、洗顔をする時は
優しく洗うようにはしているかと思います。

 

優しく顔を洗っていなかったら、気を付けてくださいね!(笑)

 

顔の洗い方もそうなのですが、もう1つ大事なのがクレンジング
や洗顔料はちゃんと自分に合ったものを使用しているかどうかです。

 

肌が強い人なら、肌荒れを起こすことは少ないこともありますが、
肌が弱い人は化粧品1つ違うだけで、肌荒れの原因となります。

 

じゃあ、どういったクレンジングや洗顔料を使っていったら
いいのか見ていきましょう。

 

肌が弱い人が使うべきクレンジング

 

 

クレンジングはスキンケアの中でも一番肌に負担がかかり、
乾燥や肌荒れにもつながるステップです。

 

クレンジングの中でもオイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ
のものは肌が弱い人は基本的には避けた方が良いと思います。

 

使うとしても、ジェルタイプのものですね。

 

使うとしたら洗浄力もあり、肌にも優しいクリームタイプ
のものがおすすめです。

 

ミルクタイプだとちょっとメイクオフ力が弱いですからね。

 

クリームクレンジングを基本的には使って、目元のポイントメイク
は洗浄力の強いもので落とすといったように、部分的に使いわけて
あげるのが良いですね。

 

クレンジングをする時も、1分以内には終わるように、擦らない
ように意識しながらパパッと終わらせるようにしてくださいね。

 

肌が弱い人が使うべき洗顔料

 

 

洗顔も顔に負担のかかるステップで、使う洗顔料
にも気を付けなければならないです。

 

肌が弱い人が避けるべきなのは、界面活性剤が
入っていて、洗浄力と刺激が強い洗顔料です。

 

洗顔フォームのほとんどには界面活性剤が入って
いるので、あまりおすすめはできません。

 

皮膚科でも推奨されているのは、固形の
洗顔石鹼です。

 

界面活性剤や防腐剤、香料といった石油系の
添加物がフリーのものが多いので、一般的な
洗顔フォームよりも肌への負担は少ないです。

 

肌への優しさを追求するなら天然成分が100%で
完全に無添加のものが良いですね。

 

化粧水を選ぶ時にも添加物には気をつけて

 

洗顔後には化粧水を使うと思いますが、配合されている
添加物にも気を付けましょう。

 

化粧水の主な原料にアルコールが含まれるので、肌が弱い
人にはアルコールが刺激物となることがあります。

 

アルコールで肌がヒリヒリ痛くなったり、痒みの原因
となることがあるので気を付けましょう。

 

肌が弱い人は美容液も使うべき?

 

 

洗顔後は化粧水だけとか、化粧水と乳液で保湿を済ませる
方は多いですが、肌が弱い人は美容液も使った方がいいかもしれません。

 

スキンケアで一番大事なのは保湿ですが、化粧水では保湿を
十分にすることはできないんです。

 

というのも、化粧水はほとんどが水で、肌に水分を与えて整える
ことはできますが、保湿剤としての役割はあまり期待できません。

 

そこで、美容液の登場です。

 

美容液は高価ですが、セラミドといった高保湿成分が豊富に含まれている
ため、保湿をするには化粧水よりも適しています。

 

肌が弱い人は保湿を十分にして、バリア機能を高めて肌を強くする
ことも大事ですので、保湿用の美容液は使ってみてください。

 

コメントを残す