塗るのも飲むのも効果ない!?コラーゲンを増やす本当の方法とは

 

コラーゲンって聞くとどんなことを思い浮かべますか?

 

コラーゲンはお肌をプルプルにさせたり、若返り効果が
あるというイメージがある方も多いかと思います。

 

しかし、実はコラーゲンは肌に塗るのも、直接食べたり
飲むのも効果はなく意味がないと言われているんです。

 

一生懸命に肌に塗ったり、体内に摂取していた方には
ショックな話ですが、本当の話なのでしょうか。

 

身体に塗るのは効果なし?

 

 

コラーゲン配合の化粧品って色々売られて
いますよね。

 

「コラーゲン入ってるから、なんだか良さそう!」
と思って使っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、落とし穴があるので注意が必要なんです。

 

肌にハリが出ると思って肌に塗りたくっても、コラーゲンは
肌に塗っても保湿効果しか得られないんです。

 

コラーゲンは表皮の下の真皮に存在するもので、化粧品で塗った
としても真皮までは浸透しないので意味がないんです。

 

化粧品に使われるコラーゲンは主に保湿成分として
使われているということは知っておいた方が良いですね。

 

経口摂取も効果なし?

 

 

コラーゲンを食べ物などから体内に摂取しても
意味がないと、どこかで聞いたこともあるかもしれません。

 

なぜ、そう言われているかというと、コラーゲンは体内で
アミノ酸に変換されるので、ハリのある肌を作るために
コラーゲンを補いたいのに意味がないということですね。

 

良く、コラーゲンが豊富な食べ物などがテレビなどでも紹介
されていますが、科学的には食べても効果はないと言われています。

 

しかし、最近の研究ではコラーゲンペプチドや低分子コラーゲンと
いった体内に摂取してもコラーゲンを効率的に摂り入れることが
できるものが開発され、多くの商品も出ています。

 

コラーゲンペプチド・低分子コラーゲンとは

 

コラーゲンペプチドと低分子コラーゲンは厳密に言えば、
多少の違いがありますが、ほとんど同じものだと思っても
いいでしょう。

 

これらのコラーゲンは通常のものよりも分子が細かく、体内に
摂取してもアミノ酸に変換されずに、効率的にコラーゲンを
摂取できるという研究結果が発表されています。

 

そのため、普通のコラーゲンを食べたり、ドリンクで飲んだりする
のは効果は見込めませんが、コラーゲンペプチドや低分子コラーゲンは
経口摂取することで、コラーゲンを補うことは期待ができると言われています。

 

色々なメーカーでもこれらを用いたドリンクタイプのサプリメントなどが
発売されています。

 

しかし、まだ科学的には完全に効果があることが証明されていないので、
サプリメントを飲んだからといって、コラーゲンが増えるとは限らない
と言われているので注意が必要です。

 

コラーゲンを増やす本当の方法とは

 

 

コラーゲンペプチドや低分子コラーゲンのサプリメントを
使ってみるのもいいかもしれませんが、体内のコラーゲンを
増やしたいのであれば、美容液を使った方がいいかもしれません。

 

レチノール、FGF、ビタミンC誘導体といった真皮の線維芽細胞を
活性化させて、コラーゲンを増やす美容成分が配合された美容液で
日々ケアをしていく方がおすすめではあります。

 

加齢によって、顔にたるみやシワができてきたなと感じている方は、
体内にコラーゲンを摂り入れるよりも、美容液でコラーゲンを増やす方法を
やってみてはどうでしょうか。

 

 

コメントを残す