目元の色素沈着による茶クマにはハイドロキノンが効果的って本当?

 

目元にできるクマには「青クマ」「黒クマ」「赤クマ」
「茶クマ」の4種類あります。

 

その中でも色素沈着が原因で出来てしまうのが、
茶クマです。

 

目元の色素沈着は、目を擦ったり、紫外線を浴びり
して起こってしまうことが多いです。

 

茶クマはシミと同じなので、美白ケアで治せる
と言われていて、ハイドロキノンが効果的だと
も言われています。

ハイドロキノンで茶クマを消すことができるの?

 

市販の美白ケア商品に入っている美白成分には、
メラニンを抑える働きしかなく、シミを消すことは
できません。

 

しかし、ハイドロキノンには色素沈着の原因である
メラニンに働きかけて、シミを薄くする効果があると
されています。

 

そのため、色素沈着による目元の茶クマを消すのにも
いいんじゃないかということですね。

 

個人差があるのでハイドロキノンを使えば確実に消える
というわけではありませんが、茶クマを消すのにも有効
とされています。

ハイドロキノンを茶クマ対策で使う時の注意点

 

 

茶クマを治すのにハイドロキノン配合の美白化粧品を試して
みる価値はありますが、使用する時にはいくつか注意点があります。

 

まず、ハイドロキノンはとっても刺激が強いということです。

 

ハイドロキノンはとても不安定な成分で、酸化しやすく、
酸化してしまうと非常に強い刺激を肌に与えることになります。

 

そのため、皮膚が薄くデリケートな目元に使う時は
必ず濃度が低いものを使うようにしましょう。

 

また、パッチテストは事前にやってから本格的に
使用するようにしてくださいね。

 

色素沈着による茶クマ対策にハイドロキノンを使ってみよう
という方は、取扱いには細心の注意を払いましょう。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ時のポイント

 

あまり考えずに適当にハイドロキノン配合の美白化粧品を買う
と失敗する可能性は高いです。

 

超敏感な目元に使うものなので、選ぶ時のポイントを
抑えておきましょう。

 

ハイドロキノンの濃度

 

配合されているハイドロキノンの濃度によって、
効果や刺激の強さは変わってきます。

 

濃度が濃い4~5%以上のものだと、目元には刺激が
強すぎる可能性があります。

 

敏感肌であったり、ハイドロキノンを初めて使う方は
濃度が低いものから試してみるのが無難ですね。

 

返金保証

 

折角、購入したのに目元がかぶれたり、効果がなかった
ら最悪ですよね。

 

肌に合うか合わないかは使ってみないとわからないので、
リスクを避けるためにも、使用してからの返金保証がついている
ものがベストですね。

 

まとめ

 

ハイドロキノンはメラニンを撃退する働きがあるので、
色素沈着による茶クマにも使い方によっては効果的だと言えます。

 

しかし、ハイドロキノンは取扱いが難しいので、
目元に使う時は細心の注意を払って使用するように
してくだいね。

 

 

コメントを残す