茶クマの正しい取り方って?消えないクマさんを撃退!

 

目の下が茶色く汚く見えてしまう、茶クマ。

 

あまりに酷いと、肌が汚く見えてしまいますし、
とっても老け顔に見られてしまいます。

 

茶クマは年齢関係なく若いうちからでもでき
てしまうものなので、老若男女悩まされます。

 

茶クマは取り方を間違えてしまうと、治らない
どころか更に悪化してしまうことも多いので、
正しい対処の仕方をしていかないとダメなんです。

 

消えない目の下の茶色いクマさんを撃退するには
どうしたらいいのか、原因からまずは見ていきましょう。

 

茶クマができてしまう原因

 

 

茶クマができてしまうのにもいくつか
原因が分かれているんです。

 

一生懸命ケアをしてみても全然治らない場合は、
原因に合った適切な対策ができていないかもしれません。

 

では、どういったことで茶クマはできてしまうんでしょうか。

 

目の擦り過ぎが一番の原因!

 

 

茶クマができてしまう一番多い原因は、
目の擦り過ぎです。

 

意識はしていなくても、目の下って擦って
しまいがちなとこなんですよ。

 

例えば、クレンジングでアイメイクを落とす
時にゴシゴシとやっていませんか?

 

目の下の皮膚はかなり薄く摩擦に弱いため、
摩擦による色素沈着が起きて茶色く肌が
なってしまんです。

 

ゴシゴシと目を擦ってしまいがちな、クレンジング
や洗顔には注意が必要です。

また、目が疲れてショボショボしてたりするのも、
目を擦ってしまいがちな原因の1つでもありますね。

 

目を擦り過ぎてしまうと、角質肥厚といって、
皮膚が厚くなって「くすみ」になってしまうのも
茶クマに関係しています。

 

とにかく、目の下が茶色くなってしまうのは、
目を擦り過ぎてしまうことが一番の原因という
ことですね。

 

紫外線も茶クマを作る原因

 

紫外線もメラニンの色素沈着を起こして、
茶クマにさせる大きな原因です。

 

紫外線によってできる目の下の細かいシミが
集まって、茶クマとなることもあります。

 

目の周りは頬よりも3分の1の厚みしか皮膚が
ないので、紫外線の影響も受けやすいんです。

 

茶クマが治らないのは目の下が乾燥してるから?

 

茶クマが治らないのは、目の下が乾燥
していることも大きく関係してきます。

 

色素沈着による茶クマは、ターンオーバーが
正常であれば、自然にメラニンが定期的に外に
排出されて消えていきます。

 

しかし、肌が乾燥しているとターンオーバーは
乱れてしまい、本来自然に治るはずの茶クマも
治らないということも考えられるんです。

 

目の下は特に乾燥しやすいところなので、
十分に気をつけるべき点です。

 

消えない茶クマを解消する方法

 

 

消えない茶クマを解消するには、まず目の下を
擦ってしまうような行為は今すぐやめるように
しましょう。

 

洗顔やクレンジングは特に摩擦をかけてしまいやすい
時なので、十分に気をつけてやりましょう。

 

目を擦らないように日頃気をつければ、簡単な
予防にはなります。

 

色素沈着による茶クマを消すには
美白化粧品を使うのが良いですね。

 

そこで注意点なのが、ハイドロキノン以外の
美白成分でケアをしても茶クマの予防にしか
なりません。

 

一般的に市販で販売されている美白アイテムには
メラニンを抑える働きしかありません。

 

医学的にメラニンによる色素沈着で茶色くなった
箇所を薄くするのは「ハイドロキノン」という美白
成分だけです。

 

美白化粧品でケアをしていても、茶クマが
治らないという方は美白成分に問題があった
かもしれませんね。

 

消えない茶クマの取り方としてはハイドロキノン配合の
美白コスメを使うと良いですね。

 

茶クマを消すのにおすすめの美白化粧品とは

 

ハイドロキノンは茶クマを消すのにも効果的ですが、
刺激が強く、扱いも難しい成分です。

 

そのため、もし使うのであれば皮膚科医が監修
しているような安全性の高いものを選ぶように
した方が良いです。

 

「アンプルール」「ビーグレン」のハイドロキノンの
製品は定評があり、美白アイテムはかなり人気です。

 

色素沈着による茶クマへの期待も高いと思うので、
かなりおすすめですよ。

 

老けて見られてしまう大きな原因である、目の下の
消えない茶クマを撃退して、若々しい目元にしていきましょう!

 

そのためには、茶クマができてしまう原因から適切な
取り方をしていきましょうね^^

 

 

コメントを残す