あせもの色素沈着の跡が消えない!搔いてしまった黒ずみの治し方

 

赤ちゃん(乳幼児)がなりやすいと言われていますが、

大人でもあせも(汗疹)に悩まされる人が増加しているそうです。

 

あせもは汗が詰まってかゆくなってしまうものなので、

汗のかきやすい夏は特に酷くなる方は多いです。

 

蚊に刺されるよりも何倍もの痒みが起こるため、

あせもの部分はどうしても搔きむしってしまいますよね。

 

しかし、あまり爪で搔いてしまうと、黒ずみとして

跡が残ってしまい、黒い部分が目立ってしまいます。

 

腕や脚を出したい時でもノースリーブなどを着たくても、あせもの黒ずみの

 

せいで堂々と着れなくなってしまうんですよね・・・

 

そこで、あせもが原因でできてしまうあせも跡の黒ずみの


治し方を今回はご紹介したいと思います。

 

あせもを搔いてしまったら黒ずむのは何で?

 

 

あせも跡の正体は、掻きすぎて摩擦が加わることで

起きるメラニンの色素沈着です。

 

人の皮膚は刺激が加わると、メラニンを作るメラノサイト

が活性化して、メラニンが沢山発生します。

 

あせも跡は紫外線を浴びてできる日焼けのような

シミと同じようなものですね。

 

あせも跡はあせもができやすい、肘の裏、膝の裏、おでこ、

背中、お尻に残りやすいです。

 

あまりにもかゆくて血が出るほど搔きすぎてしまうと

、色素沈着も濃く出てしまい、中々消えない跡となります。

 

あせも跡の黒ずみを解消するには

あせもを掻き壊してしまってできた黒ずみの跡は改善していたいのであれば、
まずはそもそもの原因である、あせもの予防もしていく必要があります。
黒ずみがちょっと薄くなってきたかも?という時にまた掻きむしってしまったら、
また色素沈着がひどくなってしまいますからね。

 あせも跡を悪化させないための予防策

 

 

あせもは汗が皮膚の下で詰まってしまうことで炎症を起こし、かゆみを伴う赤いブツブツ

 

ができてしまうので、汗が詰まらないように予防していきましょう。

 

夏が一番暑くて汗も出やすいですが、近頃は気温も上昇してきて、夏以外でもあせもになりやすいです。

 

汗を詰まらせないためには、肌を清潔に保つように対策を日常的に行います。

 

肌を清潔にするには

 

 

汗による炎症を起こさないためにも、汗をかいたら濡れたタオルやウェットティッシュなどで、

 

小まめに汗を拭き取るようにしましょう。

 

また、家に着いたらすぐにシャワーを浴びて汗を洗い流したり、

 

衣類を汗を吸い取ってくれるものに変えたりなど、

 

日常的なことを変えるだけでも、赤いあせもができないようにする対策になります。

 

どうしてもあせもの痒みが止まらなくて、寝ている間にも掻き壊してしまうくらい酷い状態なのであれば、
ステロイド外用剤を塗って痒みを抑えるか、皮膚科に診てもらいましょう。 

掻き壊し跡の黒ずみを消す方法

 

あせも跡の黒ずみはメラニンの色素沈着が原因なので、メラニン

をなんとかしていかなければなりません。

 

一瞬で黒ずみを消す!といったような薬や化粧品はなく、黒ずみを薄くしていくには

 

美白化粧品でメラニンを抑えて予防するか、ターンオーバーを促進させて古い角質と

 

一緒にメラニンを排出していくといった方法で黒ずみを治すのが一般的な方法ですね。

 

美白ケアをする

 

 

掻いてしまってできる、あせも跡の黒ずみは
シミと同じなので、美白ケアは効果的です。

 

黒い部分に美白化粧品を使うことで、あせも跡
対策になります。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンといった美白成分を使えば、
メラニンを抑制して黒ずみを悪化するのを防ぎます。

 

 

ハイドロキノンなんかは美白成分の中でも強力で黒ずみの改善には

 

よく使われます。

 

美白化粧品を使う時の注意点

 

 

ただ、美白化粧品で注意しておかなければならないのが、

 

美白化粧品はメラニンの生成を抑えて、

 

黒ずみを予防する効果しか期待できません。

 

市販でもよく売られているような美白化粧品は本来そういうものですからね。

 

美白と書いているからといって、肌が白くなるわけではないので、

 

あせも跡を悪化させないために使用して、

 

ターンオーバーの補助として活用するのが良いでしょう。

 

ターンオーバーを促進させてメラニンを追い出す

 

 

メラニンを追い出すには、ターンオーバーを促進させる

ことが最も自然で王道の方法です。

 

皮膚に一番外側である角質層は約28日間の周期で生まれ変わる

ターンオーバーによって、常に新しくなります。

 

色素沈着したメラニンはターンオーバーによって、角片(フケ)

となった古い角質と一緒に外に排出されていき、自然に黒ずみも

 

徐々にに薄くなっていきます。

 

ターンオーバーを促進させる方法

 

ターンオーバーを促進させるには、保湿をしっかりとするのと

プラセンタの様なターンオーバーを促す美容成分でケアをしてあげましょう。

 

 

肌の黒ずみの改善といえば、薬用アットベリーが保湿やターンオーバーの促進にも

 

使えて人気ですね。

 

薬用アットベリーの特徴

 

  • 肌の黒ずみに特化した人気のコスメ
  • 炎症を抑えるグリチルリチン酸2K
  • ターンオーバーを促進させるプラセンタ
  • 黒ずみの進行を防ぐ甘草フラボノイド
  • 高保湿成分のセラミド
  • 全身に使える
  • 180日間の返金保証が付いている

 

炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが入っていて、あせもの対策にもなりますし、

 

ターンオーバーを促進させるプラセンタも配合されています。

 

また、黒ずみの悪化を防ぐ甘草フラボノイドや、高保湿成分のセラミドも入っているなど、

 

肌の黒ずみを改善するために特化していることがよく分かる美容成分がたっぷりです。

 

全身に使えるものなので、二の腕や脇、膝の裏といった、あせもができやすい箇所にも

 

使えますよ。

 

あせも跡の黒ずみをどうにかしたいという方には一度試してみて欲しいですね。

 

 

公式サイトなら初回購入は180日間全額返金保証が付いているので、

 

うまく返金保証を利用して試してみてくださいね。

 

↓  ↓  ↓
⇒公式サイトはこちら

 

コメントを残す