30代アラサーのエイジングケア!若いうちからでも始めた方がいい?

 

アンチエイジングと聞いたら、40~50代くらいになってやっと意識
をして始めるものだと考えてしまうかと思います。

 

まだ20代後半、30代前半だし大丈夫でしょと油断している方も多い
と思いますが、そんなことはないです!

 

女性は25歳がお肌の曲がり角と言われているように、既に肌の劣化は
始まってきています。

 

アラサーからでもエイジングケアをすることで、30代後半、40代になって
も若々しい姿でいられることもできます。

 

アラサーから始めるエイジングケアの方法とは?

 

今アラサーなんだけど、具体的にどういったエイジングケアをして
いったらいいの?って分からない方もいるかと思います。

 

そこで、今のうちからどういう対策をしていったらいいのか、
いくつか見ていきましょう。

 

紫外線対策はエイジングケアの基本!

 

 

アラサーのうちから十分に気をつけておきたいのが、紫外線対策です。

 

肌の老化を加速させてしまう恐ろしい存在が紫外線なのです。

 

今はそこまでシミが顔に現れていなくても、紫外線が少しずつ蓄積して
いって40代とかになって一気にシミが増えてしまうことはよくあることです。

 

また、紫外線は肌のハリと弾力に必要なコラーゲンなどの生成も阻害してしまい、
しわやたるみの大きな原因ともなります。

 

更に、肌を傷つけて乾燥させるなど、お肌にとっては嬉しくないことばかりです。

 

アラサーのうちから日焼け止めであったり、美白化粧品を使ってUVケアは特に
気をつけてしていった方が良いですね。

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因

 

 

ニキビや毛穴の黒ずみなどだけでなく、乾燥はシミ、しわ、たるみ
といったあらゆる肌トラブルの原因ともなる、アンチエイジングに
おいて気をつけておかなければならない、天敵のようなものです。

 

20代後半から肌の水分量の減少は始まってきていて、30代になると
10代、20代前半に比べて乾燥しやすくなってきているなと自覚する
こともあるとかと思います。

 

肌トラブルを作らないようにするためにも、乾燥対策は常にしていって
エアコンをつけすぎないようにしたり、顔を洗いすぎないようにしましょう。

 

それに、保湿にもこだわってみるなど、アラサーからでも乾燥対策
は気を抜かずに。

 

アラサーからでもコラーゲン・エラスチンは気にするべき?

 

コラーゲンやエラスチンのような真皮に含まれる、肌のハリを作って、しわやたるみ
を作らないようにしてくれる成分は加齢と伴に減っていきます。

 

20代後半~30代前半であれば、特に気にすることはありませんが、紫外線の影響に
よってコラーゲンの生成が阻害されてしまうこともあります。

 

アラサーのうちからでも、コラーゲンやエラスチンを増やす美容成分で
ケアをしてあげることはエイジングケアとしては全然良いと思います。

 

まだアラサーなのにしわやたるみが酷い方は特にエイジングケアとして
取り入れてみた方がいいかもしれません。

 

コメントを残す