赤ら顔を治すには無添加石鹸で洗顔をすれば良いって本当なの?

 

顔が赤く見える赤ら顔を治すには、無添加の石鹸で洗顔を
すると良いということが言われていますが、実際のところ
どうなのでしょうか。

 

無添加石鹸での洗顔が本当に赤ら顔に効果があるのか、
原因から考えてみましょう。

 

赤ら顔の原因

 

赤ら顔の原因にも沢山あって、原因によっては
対処の仕方も変わってきます。

 

生まれつきの体質

 

色白の人に多いのですが、生まれつきの体質で
顔が赤くなりやすい人はいます。

 

赤面症のように、緊張したりして顔が真っ赤かになるなど
生まれつきでこういう体質の人は洗顔やスキンケアを変えて
みても中々治すことは難しいと言われています。

 

皮脂が刺激となって肌が赤くなる

 

意外と知らない方が多いですが、赤ら顔になる
多いパターンとして皮脂の過剰分泌が関係しています。

 

脂漏性皮膚炎と呼ばれる、皮脂の過剰分泌によって
皮脂が肌を刺激して赤くなることがあり、肌が脂っぽい
人によく見られます。

 

ニキビの跡で顔が赤く見える

 

ニキビで肌が炎症を起こして、赤くなってしまい、
その跡が残ると赤ら顔に見えてしまいます。

 

皮膚が薄くなっている

 

生まれつきの方もいますが、ピーリングや洗顔のし過ぎで、
皮膚が薄くなっていると、毛細血管が浮き出やすくなり、
赤ら顔にもなりやすくなります。

 

無添加石鹸で洗顔をすると赤ら顔は改善できるのか

 

 

生まれつき皮膚が薄かったり、体質的に元々赤ら顔になりやすい人は
スキンケアを変えても赤ら顔を治すことは期待ができません。

 

ですが、後天的に赤ら顔になってしまった方は洗顔を変える
ことで、今よりも良くなることもあるかと思います。

 

赤ら顔は皮脂の過剰分泌であったり、ニキビが原因なので、無添加の
石鹸で洗顔をするのは、改善につながる1つの方法です。

 

⇒赤ら顔を改善!低刺激の無添加洗顔石鹸とは?

 

赤ら顔を治すのに無添加石鹸で洗顔をするべき理由とは

 

 

無添加の洗顔石鹸で顔を洗うと良いと言われているのは、
肌への負担が少なく、洗浄力も強すぎないというメリットがあるからです。

 

市販の安い洗顔料は、界面活性剤の影響で洗浄力が強く、肌を
乾燥させやすいです。

 

そうなると、赤ら顔の原因である皮脂過剰を引き起こしたり、ニキビが悪化
したり、洗顔料自体が刺激となって顔を赤くヒリヒリさせてしまうことにも
つながるということですね。

 

一方で、無添加の洗顔石鹸は乾燥がしづらく、洗浄力も程よいため
赤ら顔を治すには洗顔料の中では適していると言えるんです。

 

顔の洗過ぎは赤ら顔の大きな要因なので、無添加の石鹸で洗顔を
して肌への負担を軽減させることも考えてみてくださいね。

 

赤ら顔を治すには肌をいたわったスキンケアをしていきましょう。

 

⇒赤ら顔でも使える肌に優しい洗顔石鹸はこれです。

コメントを残す