顎の皮膚がガサガサして剥ける原因って?対処法はコレだ!

 

顎に触れて見るとガサガサして、酷い時は皮がズルッと

 

剥けてしまっていることありませんか?

 

特に何かしたわけではないのに、ボロボロと皮がむけて

 

しまうとちょっと心配してしまいますよね。

 

どういったことが原因なのか、

 

どんな対処法をすればいいのか見ていきましょう!

 

顎の皮剥けの原因、あなたはどれに当てはまる?

 

顎の皮がポロポロとずり剥けてしまうのは、色々な

 

ことが原因で起きてしまいます。

 

あなたはどれに当てはまるのか、確認してみて下さいね。

 

乾燥

 

 

ざっくり言うと、顎の皮が剥けてしまう一番多い原因は乾燥によるものです。

 

肌は乾燥すると、ターンオーバーが乱れて皮膚が厚くなりガサガサになります。

 

それが酷くなると、ガサガサの部分の皮が剥けていきます。

 

また、乾燥のせいでお肌を丈夫に保つためのバリア機能が

 

崩れてしまって、肌荒れになりやすくなります。

 

乾燥こそが顎の皮剥けの天敵であり、一番の元凶ですね。

 

過剰なピーリング

 

顎の皮膚のバリア機能を破壊して、

 

乾燥させる大きな原因が過剰なピーリングです。

 

顎ニキビとも言われるように、上あごなどには

 

ニキビができやすく、悩まされる方も多いですよね。

 

そんな時に、古い角質を除去して毛穴が詰まらない

 

ようにしようと思って、ピーリングをすることも

 

あるかと思います。

 

確かに、ピーリングはニキビや毛穴トラブルには

 

効果的とされていますが、やり過ぎは御法度!

 

角質を剝がしすぎて、皮膚を無防備な状態にして

 

皮剝けやヒリヒリの原因ともなります。

 

荒っぽいシェービング

 

 

これは男性に言えることですが、あご髭のシェービング

のせいで皮が剥けることは多いです。

 

人の肌はそんなに強くはできていないので、シェーバーの

 

刃の切れ味が悪かったり、強く剃ってしまうと角質層が

 

無駄に削り取られてしまいボロボロになります。

 

産毛や髭を剃る時には注意が必要ですね。

 

紫外線によるダメージ

 

 

強い日差しを浴びやすい夏場は特に紫外線の影響を強く受けます。

 

あごは常に日に晒されやすい部位なので、

 

紫外線によるダメージも受けやすいです。

 

紫外線は皮膚にダメージを与えて、

 

乾燥させるため皮剝けを引き起こします。

 

刺激の強い洗顔料を使っている

 

 

顎の皮がむけてしまうのは、洗顔料が肌に合っていないことが

 

原因ということもよくあります。

 

特に市販の洗顔料は界面活性剤のような刺激の強い添加物が

 

ほとんどに配合されていて、肌が乾燥しやすいんです。

 

顎の皮が剥ける時の対処法

 

 

顎の皮膚がガサガサになって皮が剥けるのは、

 

皮膚が弱っている状態だからです。

 

そんな状態なのに、市販の刺激の強い洗顔料を使うとずっと顎の皮はボロボロ落ちたままに!

 

それはなんでかというと、皮膚のバリア機能が低下してお肌が弱っているからなんです。

 

 

色々な刺激から肌を守ってくれるバリア機能が、

 

市販の刺激の強い洗顔料を使い続けることで、壊れてしまうことって

 

よくあることなんです。

 

そうなると、皮膚はいつまでたっても再生したくてもできないままで、

 

顎の皮もボロボロに!

 

だから、まずは皮膚のバリア機能を強化してあげること!

 

これが顎の皮が剥けたのをなおせる一番の方法なんですね!

 

そのためには無添加でお肌にやさしい洗顔料

 

でやさしく洗ってあげるのが重要なんです。

 

POLAのつつむ ジェントル クリームウォッシュは無添加で

 

すごく肌に優しい洗顔料なので、顎のバリア機能を高めるにはピッタリです!

 

 

皮膚の弱まったバリア機能をサポートする敏感肌向けの洗顔料なので、

 

顎の皮膚が剥けて困っている方は一度は使ってみて欲しいです。

 

公式サイト限定で、14日分の洗顔料・化粧水・クリームなどが入った

 

トライアルセットがあるので、そちらから試してみてはどうでしょうか。

 

30日返金保証もありますし、安心です。

 

 

お得なトライセットと30日間の返金保証があるのは公式サイト限定なので、

 

うまく利用して使ってみてください。

 

⇒つつむトライアルセットの公式サイトはこちら!

コメントを残す