50代敏感肌でも使えるおすすめのクレンジングって?

 

女性のお肌の曲がり角は25歳と言われていますよね。

 

その倍の年齢にもなる50代になると、必然的にお肌は

 

衰えていって若い時のようにはいかないです。

 

寄る年波には勝てないということですね・・・

 

50歳を過ぎてくると、敏感肌にもなりやすくなってきて、

 

クレンジングも刺激の強いものは肌に合わなくなってきます。

 

50代敏感肌に良いクレンジングって?

 

 

敏感肌になりやすくもなる50代の女性は、使うクレンジングにも

 

悩まされている方も多いんじゃないでしょうか。

 

クレンジングは水とメイクに含まれる油分をよく馴染ませて

 

落とすために、界面活性剤が多く含まれています。

 

界面活性剤は肌への負担が強く、クレンジング後に顔が

 

つっぱるといった経験もあるかと思います。

 

肌が弱い敏感肌の方は特にそういった肌の異常を感じやすいため、

 

低刺激で肌に優しいものを使っていった方がいいです。

 

低刺激で肌に負担がかからないクレンジングとは!

 

 

ドラッグストアなどの市販で売られているプチプラのクレンジングは

 

人気で有名なものが多いですが、だからと言って肌に優しいわけではありません。

 

低刺激で肌に負担がかからないかどうかは、クレンジングのタイプに

 

よってざっくり判断をすることができます。

 

タイプによって、刺激の強さなど特徴が全然変わってきますからね。

 

クレンジングの中でも肌に負担がかからないと言われ

 

ているのは、クリームとミルクのタイプのものです。

 

肌が弱い人はよくこのどちらかを使った方がいいと

 

言われますね。

 

オイルやジェルといったものは、界面活性剤の量

 

が多くなってしまうため肌への負担は強いです。

 

特にオイルタイプのものはメイクオフ力は高いですが、

 

刺激も強いので敏感肌の方は使わない方がいいかもしれませんね。

 

50代敏感肌にはクレンジングクリームがおすすめ!

 

 

クリーム、ミルクタイプのものが低刺激ということでしたが、

 

50代になって敏感肌になってきた方にはクリームタイプがおすすめです。

 

ミルククレンジングだと洗浄力が落ちるため、ウォーター

 

プルーフのポイントメイクは落とせません。

 

ミネラルファンデーションなどを使うといった、

 

メイクが落ちやすい化粧ならいいですが、

 

普通に化粧をするのであればミルクタイプは相性が良くありません。

 

一方で、クリームクレンジングは洗浄力も比較的高く、

 

肌にも優しいので、肌への負担を減らしたい人にはピッタリです。

 

 

POLAの「つつむ ジェントルクレンジング」

 

クリームタイプのクレンジングで肌への負担も少ないです。

 

オイルクレンジングよりかはメイクが落ちにくいですが、

 

洗浄力が強いものより肌がつっぱったり、乾燥はしづらくなります。

 

洗浄力がありつつ、肌への負担も少ないので

 

50代になって敏感肌で悩んでいる方にはおすすめですよ。

 

クレンジングを変えるだけでも、お肌のツッパリ感がなくなったり、

 

ターンオーバーも整って肌の調子が良くなることもあります。

 

つつむのクリームクレンジングは2週間分のトライアルセットがあるので、

 

まずは一度試してから、判断してみるのが良いですね。

 

公式サイトだと送料無料で30日間の返金保証がついているので、

 

上手に活用して試してみてください。

 

↓  ↓  ↓

⇒公式サイトはこちら!

コメントを残す