40代の目尻の小じわ対策!整形以外で解消する方法って?

 

 

30代の時は大丈夫だったのに、40代になってシワが増えて
きたってよく耳にしますよね。

 

シワがあると一気に老けて見えますし、寄る年波には勝てない
とはこのことかとショックも受けてしまう方も多いんじゃない
でしょうか。

 

目尻は特に小じわができやすい箇所なので、少し油断していると
細かいシワだらけになってしまいます。

 

40代になって悩みがちな目尻の小じわを治したくても、美容整形
だとちょっとお金もかかってしまうので、うーんっていう感じですよね。

 

そこで、美容整形以外で目尻の小じわをなくす方法を
ご紹介したいと思います。

 

目尻に小じわができるのはなんで?

 

 

乾燥

 

目尻といった、目の周りの皮膚は身体の中でも薄く、
外からの刺激にも弱いです。

 

そのため、乾燥もしやすいので、乾燥からくる小じわ
ができやすくもあるんですね。

 

女性だと、クレンジングの時に目の周辺をゴシゴシと
洗ってしまうと、乾燥を悪化させてしまうので気をつけて
おいた方が良いです。

 

コラーゲン、エスラチンの減少

 

40代にもなってしまうと、肌の老化が加速してしまい、
お肌のハリがなくなってきてしまいます。

 

お肌のハリや弾力を司っているのが、真皮に存在にする
コラーゲンとエスラチンと呼ばれるものです。

 

この両方が加齢によって減少していくので、肌がたるみ
目尻の小じわにもつながります。

 

コラーゲンとエスラチンは加齢によるものだけでなく、
紫外線の影響も大きいので、注意しましょう。

 

目尻の小じわ対策はこうやる!

 

 

セラミド・ヒアルロン酸などで保湿

 

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンといった高保湿成分を使った
化粧品で、目尻を丹念に保湿してあげると、乾燥を予防し小じわ
対策にもなります。

 

ちょっとお値段はしますが、ちゃんと美容成分が豊富に入っている
美容液を使うようにすると効果的ですね。

 

化粧水はほとんどが水なので、化粧水だけパシャパシャ顔に
つけても保湿としてはあまり意味はないと言えます。

 

肌を整えるという意味では効果があると思います。

 

レチノールやビタミンC誘導体を使う

 

40代の方はコラーゲン不足が目尻の小じわを作って
しまっていることが考えられるので、コラーゲンやエスラチン
を増やす対策をしていった方が良いです。

 

そのためには、ビタミンA誘導体のレチノールやビタミンC誘導体
といった美容成分が代表的な有効成分で、コラーゲン増幅に効果
的です。

 

レチノール、ビタミンC誘導体の美容液で目尻をケアして
あげましょう!

 

美顔器の超音波を使って、真皮の組織を活性化させて
コラーゲンやエラスチンを増やすのも良いですね。

 

 

コメントを残す