40代の目の下のくま対策方法!下まぶたのたるみには注意?

 

 

20代、30代でも多くの方が悩まされる目の下のクマですが、
40代になると更にクマが酷くなりやすくなります。

 

加齢と伴に、クマの原因は複合的に重なりあってきて
ケアの方も大変になってきます。

 

同年代の他の人はクマなんてないのに、自分だけ
目の下が真っ黒で老けて見えるとなんか嫌ですよね・・・

 

目元の印象で見た目年齢もだいぶ変わってくるので、
クマのない若々しい目元にしていきたいとこです。

 

40代の目の下のクマができる原因

 

 

「青クマ」「茶クマ」は年齢関係なくできやすいクマ
ですが、40代になるとその2つに付け加えて「黒クマ」
ができやすくなってきます。

 

「なんか、目の下が真っ黒」という方は黒クマかも
しれませんね。

 

といっても、それぞれのクマが複合的に目の下に現れて
いることも大いに考えられるので、クマのタイプに合わせた
ケアをしていかなければなりません!

 

 

青黒くなる青クマの原因

 

 

目の下が青黒かったり、紫っぽくなっていたら
それは青クマですね

 

徹夜して寝不足の時にできるクマも青クマですね。

 

青クマは血行が悪くなってて、血が滞ってしまうことで
青黒く浮かび上がってできてしまうものです。

 

目元の皮膚は薄いので、血も浮き出てやすいんです。

 

茶色くなる茶クマの原因

 

 

目の下が茶色くなるのは茶クマで、
シミと一緒ですね。

 

デリケートな目の下を擦ったりすると、色素沈着
で茶色になってしまいできてしまいます。

 

また、目を擦り過ぎると角質肥厚が起こって、古い
角質が残りメラニンの排出が遅れることも原因の1つです。

 

目の下を頻繁に触ったり、刺激を与えてしまっている
自覚がある方は注意しましょう!

 

黒くなる黒クマの原因

 

 

 

 

黒クマは下まぶたのたるみによって影が
できてしまうのが原因です。

 

40代になると、この黒クマに悩まされる方が
増えてきますね。

 

下まぶたがたるんでしまうのは、コラーゲンやエラスチン
が加齢によって減ってしまっているのが大きな原因です。

 

残念ながら、歳を重ねていくと自然にお肌のハリや弾力は
なくっていきますよね。

 

これはコラーゲン、エラスチンが減少しているためなんです。

 

加齢による影響が大きいですが、紫外線もコラーゲン生成を
邪魔するものなので注意が必要ですね。

 

40代から始める目の下のクマ対策

 

 

目の下に酷いクマができて、体調が悪そうな顔に
なってしまっても大丈夫です。

 

ちゃんとした対策を講じていけば、今よりも解消する
ことはできます!

 

しかし、40代になると3つのタイプのクマが複雑に
絡み合ってできてしまっている可能性があるので、
自分の症状に合った対策をしていかなければなりません。

 

青クマの対策方法

 

青クマを治すにはとにかく、血行を良くすることです。

 

ホットパックや目の周りのマッサージなどは血行促進
に良いので、定期的にメンテナンスをしてあげましょう。

 

あと、身体が冷えていると血の流れも悪くなります。

 

特に冬は冷え込みやすいので、入浴や運動など
で身体を温めるようにしましょう。

 

茶クマの対策方法

 

茶クマはいわゆる、シミと同じなので
美白化粧品でケアをしていくと効果的です。

 

美白化粧品といっても、予防用と薄くする
効果のあるものと別れているので注意しましょう。

 

ほとんどの美白化粧品は予防の効果のみです。

 

また、目の擦り過ぎが茶クマを作ってしまうので、
クレンジングの時は丁寧にやったり、目の下が乾燥
してもゴシゴシ擦るのは我慢しましょう。

 

紫外線対策もしっかりとしておいた方がいいですね。

 

黒クマの対策方法

 

 

40代であれば、黒クマであることが多いです。

 

下まぶたがたるんでいると感じているならば、
たるみを解消していかないといけませんね。

 

たるみを解消するにはコラーゲンの生成に
効果のある美容液を使うのが効果的です。

 

例えば、ビタミンAの一種のレチノールや
ビタミンC誘導体が入っている美容液ですね。

 

肌がたるみやすくなってくる40代の方は、
黒クマには注意していきましょう。

 

まとめ

 

40代にもなると、目のたるみによる
黒クマが増えてきますが、一概にそうと
は限りません。

 

血行不良や色素沈着など、複合的に原因が
入り混じってクマとなって現れていることも
多いです。

 

自分はどんな種類のクマに当てはまるのかを
チェックして、それに対応した対策方法を
してクマを改善していってくださいね。

 

 

コメントを残す