20代で目の下にクマができる原因と解消する方法!

20代の目の下のクマ

 

 

老け顔に見えるのは誰でも嫌だと思いますが、目の下にクマが濃く
出ていたら、実際の年齢よりも老けて見える1つの原因となってしまいます。

 

まだ若いからといって油断は禁物!20代でもクマが酷い人は沢山います。

 

20代で目の下にクマができてしまうタイプは主に2タイプ。

 

「青クマ」「茶クマ」の2タイプのクマは若くても目の下に
顕著に現れることもあるので、しっかりとした対策をしていった
方がいいですね。

 

クマが下まぶたにできてしまうと、病気に思われたり、ちょっと
老けて見られてしまうのでなんとかなくしていきましょう!

 

20代で青クマができてしまう原因とは

 

20代でまだ若いのにクマができてしまっている場合は、
青クマであることが多いです。

 

青クマは目の周りの血の巡りが悪くなる血行不良で、
血が溜まって浮き出てしまうことでできるものです。

 

 

20代だと恐らく、スマホやタブレットなどを長時間
見ることも多いですよね。

 

じーっと画面を覗きこんでいると、瞼に負担がかかり
目が疲れて血の流れが悪くなることで、青クマができ
やすくなります。

 

20代で茶クマができてしまう原因とは

 

 

青クマよりも老け顔に見えてしまうのは、目の下にできる
シミのような茶クマです。

 

20代なのに茶クマができてしまっていたら、ちょっと
恥ずかしいですよね・・・

 

でも、茶クマができてしまうのは年齢は関係なく10代から
でもできてしまうようなものなんです。

 

目の下の皮膚は身体の構造上、とっても薄くて外からのダメージ
にすごく弱いんですよね。

 

そのため、目が痒くて手で擦ったり、クレンジングでゴシゴシしたり
と摩擦を目の周りに加えてしまうと、メラニンの色素沈着が起きて
茶色く色が変わってしまうんです。

 

また、皮膚が薄いということは紫外線の影響にも弱くなるため、
日焼けによって茶クマができやすくなります。

 

目の下のクマの解消方法

 

 

人と話す時は、人の目を見て話すことって
多いですよね。

 

ということは、目元はすごく見られるところですし、
20代でまだ若いのにクマが酷いと印象は良くないです。

 

青クマと茶クマはそれぞれどういった治し方を
していけば良いのでしょうか。

 

青クマの解消方法

 

青クマを解消するには、根本的な原因である血行不良
を改善していかないとだめです。

 

スマホの見過ぎは目を酷使して血の巡りを停滞させる
ことになるので、適度に目は休ませてあげましょう。

 

血行不良を改善するにはマッサージをして血行を促進
させるのも良いですね。

 

また、ゆっくりお風呂に入って身体を温めたり、
適度な運動、十分な睡眠など、日頃の生活を
見なして血液の循環を良くするようにしましょう。

 

血の巡りが良くなれば、青クマは解消することが
できます。

 

茶クマの解消方法

 

茶クマは目の擦り過ぎや、紫外線による色素沈着が関係
しているため、美白化粧品でケアをすると解消すること
ができます。

 

ただし、注意点なのが、美白化粧品は基本的には予防
効果しかないため、すでにできた茶クマを消すことは
できません。

 

色素沈着したメラニンを解消するには、「ハイドロキノン」
という美白成分が入った化粧品を使いましょう。

 

ハイドロキノンには医学的に効果があると言われています。

 

また、スキンケアを丁寧にすることでターンオーバーの働き
で自然にメラニンを古い角質と一緒に外に排出して茶クマを
解消することもできます。

 

コメントを残す