20代のシミ対策!まだ若いのに目元にシミができた時に消す手段とは

 

「ちょっと、待って!私ってまだ20代だよね?目元にシミができるなんておばさんみたい・・・」

 

シミができるのは30代、40代を過ぎてからという印象があるので、
もしまだ若い20代で出来てしまったら軽くショックを受けますよね。

 

仲の良い友達なんかに、「なんか、目の下にシミできてない?」なんて言われた
ら悪意がなくても、地味に心にダメージを喰らってしまいます・・・

 

まだ若いからと侮らずに、20代のうちからシミ対策はしていきましょう!

 

目と目を合わせて話しても、恥ずかしくないような目元にすれば
自然と自信を取り戻すことができるはずです。

 

まだ若いのに目元にシミができるのはなんで!?

 

シミにはホルモンバランスの乱れで出来てしまう、肝斑(かんぱん)
という頬の辺りに左右対称に現れる特殊なシミがあります。

 

20代でも稀に肝斑ができることもありますが、30~40代に
なって増えてくる症状です。

 

20代で目元にシミができる原因の多くは「色素沈着」と
「乾燥」によるものが多いです。

 

メラニンの色素沈着がシミに!

 

 

シミの大きな原因といえば、皆さんご存知の紫外線です。

 

紫外線が与える刺激がメラノサイトを活性化させて、メラニン
を増加させることでできるシミです。

 

老人性色素班とも呼ばれますね。

 

UVケアが普段からできていないと、20代でも紫外線に
よって目元にシミができてしまいます。

 

また、目元が茶色くシミのようなものができてしまう原因
として、目の擦り過ぎもあるんです。

 

目元のシミはもしかしたら茶クマかも?

 

 

目の周りを擦り過ぎてしまうと、色素沈着になって
シミと似たような茶クマができてしまいます。

 

紫外線によるシミだと思ってたけど、実は茶クマ
ということもあるかもしれませんね。

 

20代では茶クマになることが多いです。

 

顔を洗う時に、あまり気にせず強く目の辺りを
ゴシゴシしてしまうと刺激によってメラニンの色素沈着
が起こります。

 

また、スマホの見過ぎなどで、目の疲れが酷いと
目を搔いたりするので、これも大きな原因となってます。

 

20代で目元に茶色いシミができてしまうのは色々原因はありますが、
こういった紫外線や目の擦り過ぎによる色素沈着が多いパターンです。

 

稀に化粧品が合わなくて接触皮膚炎を起こして、色素沈着を
起こすこともありますが、中年以降の女性に多いと言われています。

 

20代の目元のシミの消し方

 

 

20代でまだ若いうちは、お肌が持つ回復力は30代以降に
比べるとまだまだ強いです。

 

お肌が生まれ変わるターンオーバーも約28日周期と、
1ヶ月もあれば自然にメラニンは古い角質と一緒に
徐々に排出されていきます。

 

しかし、ターンオーバーが乱れていると、古い角質は
全然外に出ていかずに、肌に残ったままでシミも綺麗に
なりません。

 

通常どおりのターンオーバーのリズムを整えるためにも、
保湿はしっかりとしましょう。

 

お肌の調子を整えるには保湿は一番大事なステップです。

 

肌が乾燥していると、肥厚といって古い角質が残った
ままでシミのように肌が茶色くくすんで見えてしまう
原因にもなります。

 

紫外線を浴びすぎて頑固に定着してしまったシミは時間は
かかると思いますが、薄いシミ程度であればターンオーバーの
力で20代の方はキレイになっていくと思います。

 

美白化粧品も目元のシミには有効?

 

紫外線などの色素沈着でできたシミには美白化粧品も
有効です。

 

慢性的に定着してしまったものは美白化粧品はあまり効果
がないと言われていますが、初期状態のものならば効果が
あるとされています。

 

美白化粧品にも、シミを予防するものと、消す効果が見込まれる
ものと別れています。

 

単純に予防したいのであれば、市販に売られている一般的な
美白アイテムを使うので大丈夫です。

 

しかし、今現在できてしまっている目元のシミを薄くする、
もしくは消したいのであれば、ハイドロキノン配合のものを
使うといいと言われています。

 

ハイドロキノンは扱いの難しいものなので、皮膚科が監修
しているようなドクターズコスメを使うのがおすすめですね。

 

コメントを残す